スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『潜水服は蝶の夢を見る』


好き度:★★★★★ 
LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY
一流ファッション誌「エル」の編集長のジャン=ドー(マチュー・アマルリック)は、突然の脳梗塞に襲われ、
左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった。
彼の意識は鮮明であることを知った言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)は
左目のまばたきでコミュケーションをとる方法を考え出す。
20万回の左目のまばたきで、ジャン=ドー自身がつづった驚異の自伝小説が原作。

冒頭から、病院で覚醒したジャン=ドーの視点からの映像で始まる。
自分を覗き込む顔、顔、顔。
医者の質問に懸命に答えているのに、自分の声は頭の中で響くのみで相手には伝わらない。
体の自由がまったくきかず、「ああ。もとの体には戻れないんだ」そう悟った瞬間にぼやける画像。
彼が泣いていることが痛いほど伝わる。

前半部分はずっと、ジャン=ドーの視点からの映像なので
旧式の潜水服に身をつつみ、深い海の中にひとりぼっちで沈んでいるような息苦しさを
彼と同様に観る者も感じる。

42歳なんて、働きざかりの男性じゃないですか。いい男でしかも社会的に成功している。
お金もあり、美味しい食事やお酒を満喫し、美しい女性とのデートを楽しんでいた彼が、
突然、赤ん坊のように、なすすべもなく他人の手によって体を洗われる身になったわけで。

彼が感じた絶望感や無力感はいかばかりか。
ジャン=ドーは最初は「死にたい」などつぶやき、周りを心配させる。

だが、彼が「本当にいい男」の真価を発揮するのは、これからなのだ。

ある時、彼は「もう自分を憐れむのをやめよう」と決心。
と同時に映像も、彼自身の視点から、客観的なものに変わり、急に世界は広々としたものになる。
体は「潜水服」の中に閉じ込められているけれども、
想像力を発揮すれば、「蝶」のようにどこへでも、はばいたいていけるのだと彼は悟る。

美人の言語療法士や看護士の胸元や、元妻の太腿に視線を向け、「触れられないなんて」と悔しがったり、
電話設置にきた作業員の心無いジョーク、「しゃべれないのに電話なんて無言電話でもする気か?」
に対しても、「面白い!!」と大笑いする余裕。
不自由な生活を強いられながらも、ユーモアを忘れずに、日々一生懸命生きていこうとする。
そして、自分が生きてきた証として、自伝小説を書こうと決める。

その方法とは、編集者が「E, A, R, ・・・・」とアルファベットを一文字ずつ読み上げ、
該当するアルファベットのところで、まばたきをし、それを書きとめ、
また、最初から文字を読み上げることを繰り返し、一文字ずつ綴っていくという
とてつもなく時間と忍耐と労力がかかる作業。
しかし、それをやりぬいた彼と編集者は凄い。まばたきの回数は、延べ20万回になったそうだ。



このコミュニケーション方法を、彼を支える周りの人々(しかも美人揃い!)が、習得していくのが感動的。
しまいには、ボードをみなくても、そらでアルファベットを言えちゃうようになったりする。

彼の生きる姿を見て、みんな彼が好きになり、支えようとする気持ちが本当に素敵なのだ。
彼自身も、そんな人たちの励ましと愛情を感じて、充実した日々を送れていたのだと思う。

もちろん、哀しくて、切なくて、どうしようもない時もあり。
通訳を介して、彼が体が不自由でお見舞いに来れない父親と電話で会話するシーンは泣けたな。
父親は息子の声が聞こえないわけで、「こんなのは耐えられない・・・」と絶句する。
ジャン=ドーは、その気持ちが痛いくらいわかるのだけれど、何もできない自分に涙するしかなくて。

大好きだな〜。この映画。

観る者もまるでジャン=ドーになったかのように感じさせる演出と詩情あふれる美しい映像。
左目だけしか動かさずにジャン=ドーを演じきったマチュー・アマルリックの素晴らしい演技。
そこに描かれる、困難な状況の中でも、前向きにユーモアを忘れずに生きぬく彼の姿に、
そして彼を愛し、支えた周りの人々の姿に、言葉にはできないほど感動します。

まちがいなく今年のマイベストムービーの1本です

『SEX AND THE CITY』 〜ファッション編〜

SATCの見所といえば、カリスマスタイリスト、パトリシア・フィールドの手腕が光る
その豪華なファッションの数々ですが、やっぱりキャリーのファッションが一番印象的でした。


結構好きだったのがこの3点。スタッズ付ベルトって流行りそう・・・。
キャリーのような筋足になりたい!!

フォーマル系だと、これが好き。

カジュアル系は、これかな。




ワンピースも可愛かったですね


素敵かどうかあまりよくわからなかったのが・・・・。どうなん?


印象的だったのが、これ!雪の大晦日、ミランダのもとに駆けつけるシーン。
コートの中はパジャマ(笑)


そして、ゴージャスの極み。ヴィヴィアン・ウエストウッドのウェディングドレス。なぜか頭に鳥(笑)
ヴォーグの撮影シーンは圧巻でした。これもよかったんだけれど、私としては
OSCAR DE LA RENTAのドレスがよかった〜!(最後から2番目でした。)
画像が見つからずに残念・・・・。


皆さんはどれがよかったでしょうか?













『SEX AND TTHE CITY (吹替版)』



2回目の鑑賞は吹替版。

ドラマはずっと吹替版でみていて、しかも同じ声優さんだったのでよかったわ。
でも、やっぱりお台場は遠かったよ〜 

以下、やはりネタバレになります。

『スカイ・クロラ』


好き度:★★★★☆

『もう一度、生まれてきたいと思う?』

思春期になると成長を止め、永遠の命を生きる「キルドレ」。
戦闘で命を落とすまでは、果てしなく同じ毎日が続く・・・。

もはや完璧な平和な世界が確立しているとある時代のとある国。
大人たちは、そのあたりまえな平和を実感するために
ショーアップされた戦争を必要とし、戦争を請負う民間企業2社が、
決して終わることのない戦闘を続けている。
戦闘機に乗り込み空中戦を延々と続けるキルドレたち。
彼らが生きる道は空にしかない・・・・。

最新の3D映像で細部まで作りこまれた空中戦シーンは実写かと思うほどのクオリティ。
まるで観ている自分がコックピットに乗っているような錯覚すら覚える。

対して、地上のシーンはシンプルな映像で、
キルドレ達の表情も感情表現がほとんどなくのっぺりと描かれている。
加瀬亮や菊池凛子ら俳優陣の抑揚を抑えた台詞まわしも不思議とはまる。
キルドレ達に個性を与えず、いわば記号化する狙いかな?

この空と地上の世界のコントラストが巧いと思った。

永遠のルーティンのように繰り返される地上での暮らしは、
「生きている実感」が感じられず退屈きわまりない。

自分自身を地上に縛りつけている重力から解き放たれ、空に向かう瞬間のみが
自分の存在が「なにかしら、意味あるもの」として実感できる。

以下、ネタバレ含みます。

『SEX and THE CITY』


好き度:★★★★☆

「TRENDS COME AND GO,

BUT FRIENDSHIP NEVER GOES OUT OF STYLE.」

(流行は変わる。しかし、友情は決して色褪せない・・・)



ついに、ついに、公開しましたね〜!
どれほど首をなが〜くして待っていたことか・・・・ヤッタv
(昨年の9月にすでに記事書いてますね・・・私。)

ある意味、完璧なラストだったシーズン6の4年後。
4人それぞれのその後の人生、恋、そして変わらぬ友情。
SATCはOver 30のバイブルドラマでしたが、
年月流れて、いまやAround 40 のドラマなんですねぇ(シミジミ)

でも、やっぱりこの4人は最高に楽しい&ゴージャスきらきら

映画単体として見たら、なんてことのないストーリーかもしれませんが
DVD全巻購入する程大好きなドラマですので、その思い入れはハンパありません。
SATCファンとしては、ドラマを上回るゴージャス感におなかいっぱい(笑)
4人が身にまとうファッションも次から次へと素敵でしたね。

では、思い入れ&ネタバレありまくりの感想を。
すみません。たぶんに偏ってます・・・・・・






『純喫茶 磯辺』


好き度:★★★☆☆

娘の咲子(仲里依紗)と親子ふたりで暮らす水道工の磯辺裕次郎(宮迫博之)は、
父親の急死で多額の遺産を手にし、女にモテたいがために突然、
無謀にも喫茶店「純喫茶磯辺」を始める。
若くて美しい素子(麻生久美子)をバイトとして採用してからは、
彼女目当てに店には人が集まり始めるが、一癖も二癖もあるおかしな客ばかり・・・。


柱にプラスチックのつたがからまり、レジにはチンチラの毛皮。
インベーダーゲームやらミラーボールやら
「何時代だよ!」と突っ込みたくなるダサいセンス満載の喫茶店の内装にまず笑った。
壁には工藤静香のポスターだし(監督がファンだそうです・・・汗)

台詞が面白い。
咲子が父親に対してポンポン言い放つ短い言葉(「死ね!」など)とか
素子が話す「そうっすね〜」という男言葉とか。

割と日常的に使われている言葉なのに、映画で使われているのが新鮮に感じた。
テンポよく進むのはそのせいかな。

そして、「磯辺」に集う個性豊かな常連客たち。
毎回、同じネタを繰り返すのに何故か笑っちゃいました。
特に、一言も台詞がないミッキー・カーチス(謎)

多分、作り方によってはつまんない話で終わる可能性もあると思うけれど
笑わせるディテールの組み合わせで面白く見られた。

麻生久美子はさすがに上手かったけれども、
それより仲里依紗の演技がとっても印象的。
親父に対して「ウザイ」を全面的にだしてる表情と
恋心を頂いている相手に対しての乙女な表情のギャップやら。
肝心なときに自分を気遣ってくれない親父へのいらだちや
つぶれた喫茶店を覗きつつ、思わず泣いちゃうさまとか
思春期のくるくる変わり、揺れる感情を繊細に演じていて感心しました。
健康的な可愛さがあるし、今後さらに人気でるでしょうね〜・・・・!

後、和田君。結構好きなのに。気持ち悪かった・・・笑顔。

今回、いまいちこの作品にはまれなかった原因は宮迫かな〜。
この人が標準語で演じているのって違和感感じる。若干気取りがはいるような。
テキトーで考えなしでそれでも愛すべきダメ親父。
この親父に若干の好感を持ててこそ、この親娘の関係の暖かさに和むと思うのですが、
私は、受け入れられなかったです。
かなり個人の好みによると思うけれども、このキャスティングは??

まあ。細かいところにこだわらず、このありそうでそうそうない日常の
妙なぬる〜い雰囲気にただ浸るというのがいい映画なのかも。


(余談)
今回、隣の席の人がポケットにいれていた携帯電話が、
ホタルの光のように、ピカ〜ッ・・・・ピカ〜ッ・・・と
エンドレスに点滅していたので50%しか映画に集中できず。あ〜あポロリ
ということでレビューもなんだか中途半端。

『ザ・マジックアワー』


好き度:★★★★☆

「マジックアワー」・・・映画の専門用語で太陽が地平線に落ちてから、
光が完全になくなるまでの時間のこと。
このわずかな時間にカメラをまわすと、幻想的な映像が撮れるらしい。

鼻にわさびを思いっきり詰められたり、
調子はずれの「ロマンスの神様」を絶唱したり、
「そ、そこまでやるの???」と軽く引いたほど
かつて映画監督自身がこれほど体を張ったプロモーションを展開したことがあっただろうか(笑)
それぐらい大車輪で公開前の宣伝活動を行っていた三谷監督だが、
「やっぱりみんなが一生懸命作ってくれた作品だから
できるだけ多くの人に見てもらうために僕はできる限りのことをしたい。」と
話していた意味が映画を見てわかった。

本作品は、監督の映画に対する愛情、そして
映画製作に関わるキャストやスタッフへの愛情がたっぷり詰まっている。

内容は、誰がみても楽しめるコメディでさすがの安定感。
殺し屋デラ富樫を演じているつもりの売れない役者村田(佐藤浩市)と
殺し屋だと勘違いしているギャング集団のやりとりが不思議とかみあう場面は面白い。
誰かも書いていたけれどアンジャッシュのコントみたい。
ナイフをなめるシーンや
武器取引のシーンで「役者はそろった・・・。」ってところは大爆笑しましたわーい

人気俳優の佐藤浩市が売れない役者を演じているんだからそれだけでまず笑えるけれど。
なんなんですか、あの大仰な芝居は(笑)
そこを絶妙な間でがっちり受け止めるボス役の西田敏行も素晴らしいきらきら

かなり、笑わせてもらいましたが、
村田が映画が好きで好きでたまらないっていう気持ちに
なんだか泣かされた感のほうが強い。

なかなか売れなくて、一世一代の芝居をしたのにそれも茶番劇だと知り、
映画をやめようと決意した時に、目にしたフィルム。
そこには夢だと語っていたスクリーンに大写しになった自分の姿が。
泣きそうな顔で見つめるあの表情は
「ニューシネマ・パラダイス」のジャック・ペランにかぶりました。

「マジックアワーを逃してしまったらどうすればいいか?
 簡単なことだよ。明日を待てばいい。
 太陽がある限りマジックアワーはくるのだから。」

そして、村田と同じように映画を愛するスタッフが結集して、大芝居を打つシーンは最高!

考えてみれば、自分の頭の中にのみ存在している映像を
数え切れない数の人に協力をしてもらって全員が見られるものに視覚化するのだから、
映画監督は大変な商売ですよね。でも、同時に幸せな商売でもあります。

普段は表面に出てこない同じように映画を愛するスタッフを監督は大切にしてるんですね。
あの美しい守加護の街並みセットの製作シーンがエンドクレジットで流れたところで
またじーんときました。

マジックアワー=魔法の時間。
多くの人が愛情がつまって作られているそのマジックアワーに浸りたくて
私も映画館に通ってるんですよねハート

映画愛にあふれた作品でした。

『JUNO』


好き度:★★★★☆

試写会で鑑賞。
同級生の男の子と興味本位でした1回きりのSEXで妊娠してしまった16歳のジュノ(エレン・ペイジ)。
この予想外のトラブルを、彼女は独特のユーモアとクールな視点で乗り越えようとする・・。

ティーンの妊娠というと最近ではドラマ「14歳の母」が思い出されるけれど、
あの重さと比べると、この作品は全くあっけらかんとしていて随分違う印象でした。

最初は中絶を考えるけれども、「胎児には爪が生えてるのよ!」と友達の一言で
リアルな命を意識して産むことを決意。
でも「16歳の私には育てることは不可能!」と、
子供をちゃんと育ててくれそうな完璧な夫婦を里親として見つけ出す。
このクールな判断力と現実的な行動が笑えました。
また、娘の妊娠を知った父親と継母の暖かいこと(笑)
最初はとまどいながらも、彼女が下した決断を動じずに全面的に彼女をサポート。

10代の妊娠という現実に対して、日本とアメリカでは社会の意識が随分違うのかなと。
里親制度も、日本より整ってそうですね。

自分の中ではぐくまれている生命をいとおしく思うというよりは
無事に赤ちゃんを“ひねり出し”里親に渡すという使命感で行動しているようでしたが、
それでも、最後の彼女の涙は、子供に対する愛情からきてるんじゃないかな・・・。

とにかくジュノが話す台詞が面白いのですが、いかんせん字幕だと限界が・・・・。
親友と話すいわゆる“ギャル語”の会話は、ちょっとわかりにくかったです。
英語がわかるともっと面白いんだろうな。

とはいうものの、最後まで楽しく飽きずみられるキュートな作品でしたラブ

『最高の人生の見つけ方』


好き度:★★★★☆

大富豪のエドワード(ジャック・ニコルソン)と自動車修理工のカーター(モーガン・フリーマン)。
性格も環境も社会的地位も全く異なるこの二人の唯一の共通点が
「余命6ヶ月」と宣告された末期ガン患者だということ・・・・。
死ぬ前にしたいことを箇条書きにした「棺桶リスト」を実現すべく二人は周囲の反対を押し切り、
冒険の旅に出かける。

いいですね〜!こういう期待を裏切らないハートウォーミングムービーラブ
安定した名優二人の演技合戦に心地よく身をゆだね、ラストではあったかい涙を流せる作品です。

ロブライナー監督は曰く、「この映画は老人の『スタンド・バイ・ミー』なんだ。」
旅をとおし、はぐくんだ友情をきっかけに
二人はそれぞれの人生において本当に欲しかったもの、大切なものを再認識し、
それを手にいれて、人生最期の時間を喜びに満ちたものに変えていく。

自分の最後の時を知りたくない96%に含まれる私ですが、
常に自分にとって大切なものを意識して、毎日を生き生きと過ごしていきたいものです。ヤッタv

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


好き度:★★★★☆

石油採掘により巨大な富と権力を手中におさめ、
アメリカンドリームを実現した男の狂気溢れる生きざまを描く人間ドラマ。

映画冒頭から神経にさわる不協和音のような音楽が鳴り響き、
スクリーン上に流れる不穏な空気は客席まで忍び寄ってくる。
突如、強烈な爆発音と共に地中から勢いよく噴出す石油はまるで黒い血のよう。
それは、プレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)の体にも降り注ぎ、
その瞬間、富と権力を約束された男の額に悪魔が降臨したかのような印が光る。
これからの彼の人生に不吉な予感を感じ、
我々はあっというまに彼のどす黒い人生にひきこまれてしまう。

それからのプレインビューはすさまじさといったら!!
利権にからみ障害となる者を、欺き、攻撃し、力でねじ伏せ、
情けを乞い跪く者を、あざ笑い、尊厳までも踏みにじる。
富と権力の高みに昇るにつれ、どす黒い感情がどんどん彼の血や肉になっていくようだ。

結果、いつしか自分の息子までも遠ざけることになる。
成人してからの息子とコミュニケーションするのでも手話通訳を介さないと不可能。
これだけ長い時間を共有しても、息子のために手話のひとつも覚えてない。
とっても殺伐としたものを感じた。

しかし、プレインビューの息子に対する愛情は確かに存在したように思える。
きっと自分でも気づいていないけれど、彼が感情を爆発させるのは
必ずいつも息子のことが関わっていた時だ。
牧師のイーライに対し、あれほどまでに憎悪をむき出しにするもの
過去に彼に屈辱的な懺悔を強制されたことが大きいと思う。
(「私は息子を見捨てた!」とか連呼させられちゃね・・・・。)

そして
ラストのプレインビューのイーライに対する咆哮。
あれほどまでに憎悪を他人に対して垂れ流す人間をみたことがない。

しかし、周りにいたら絶対関わりたくない、残酷で冷酷で猜疑心の強いこの男から、
何故か目が離せず惹きつけられる。
怒涛の感情の渦に巻き込まれ、気がついたら150分経過していたという感じ。

とにかく、ダニエル・デイ=ルイスの演技が突出しているのですが、
天敵イーライを演じたポール・ダノも素晴らしかったです。
私、本気で最大級の嫌悪感をおぼえましたよ。
だから、ラストでは少し胸のすく思いがしたのかもしれない(笑)

そして、ポール・トーマス・アンダーソン監督の演出力も凄い!
「ブギーナイツ」が結構好きだったのですが、これほど力量のある監督とは・・・!
これからの作品がとても楽しみラブ

<< | 2/3PAGES | >>