<< 『それでも恋するバルセロナ』 | main | Universal Studios Japan @大阪 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『愛を読む人』


好き度:★★★☆☆
「The Reader」
1958年のドイツ、15歳のマイケル(デビッィド・クロス)は
21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に恋をし、
やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。
ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、
大学生になったマイケルは、意外な場所でハンナと再会し、その過去を知ることになる・・・。

丁寧に撮られた上質な作品で、オスカーを受賞したケイト・ウィンスレットはもちろん、
役者陣の演技も素晴らしかったのだけれど・・・・。

いまいち私にとってはピンとこなかった作品でした。
やっぱりこういう哀しいラブストーリーは苦手なのだな。

マイケルの視点でずっと描かれるのだけれど、初めて恋をした女性がいきなり姿を消したら、
そんなに何年経ってもひきずるものですか〜?
誰にも心開けず、初めての結婚も失敗におわるほど・・・・?
ちゃんと、自分の気持ちを清算すればいいじゃんって思っちゃう。

法廷シーンもちょっと理解できなかったのだけれど。

ある秘密を隠したくて、自分がやってもいない罪を認めちゃうハンナの心。
これって、無期懲役刑を回避できたとしても、隠し通したい秘密なのかしら。
その秘密に気づき、もしかすると彼女を助けられたかもしれないのに、
マイケルは、彼女と対峙することを恐れ、面会に行けずに逃げ出しちゃったしね。
彼女の決めたことを覆すことはできなかったかもしれないけれど
対面して真意を聴くことができたなら状況は違ったかも・・・と考えずにはいられないの。

もう彼女に関わって傷つきたくない・・・。その個人的な想いのみではなく、
ハンナの犯した罪を許せない気持ちもあったと思うのだけれど、その部分の表現は弱かった。
だから、マイケルの煮え切らない態度がいまいち理由あるものとして響いてこなかったな。

何十年かぶりの切なく残酷な再会シーン。
ハンナがマイケルに抱きしめてもらいたかったのが痛いほどわかっただけに・・・・。

あれだけ時間をかけても、マイケルの傷は癒えなかったのね。
すれ違う二人の想いがはがゆい。

つまるところ、どんだけ、成長しない男や!と思ってしまう私はこの作品の理解が足りないのかも。
ってことで原作読んでみます!

スポンサーサイト

| - | 12:51 | - | - |

Comment

こんにちわ
時々覗かせてもらってます(^^)

「愛を読む人」やっと観てきました
(mixiの日記にはまだですが先にこちらに書き込んじゃいます)
実は個人的にはかなりキてしまったのです
自分自身が「年上大好き少年」だったからなんでしょうね(^^;)
自信ないのに傲慢で…というあたりがいかにもあの年頃の美少年ですね

自分が恥をさらけ出せなかった為に、面会する勇気もなく逃げ出して、それでハンナが無期懲役になってしまった…その悔恨がありながらそこからも逃げたことが、誰にも心開けず初めての結婚も失敗した理由なんじゃないかとおいらは思いました
ハンナが突然いなくなったことはプライドを傷つけただろうけど、そんなに深い傷になってないんじゃないでしょうか

マイケルはハンナを愛してるんじゃなく「悪いことした、詫びたい」と思ってるだけなんじゃないでしょうか
だからテープを送れても、抱きしめ受け入れることは出来ない…それに気づいてハンナは自殺してしまった、と
そんな理解をしています

>どんだけ、成長しない男や!
その理解、全く正しいと思います!
いつまでも勇気のない、中途半端な男なんです

まあハンナも、文盲を告白出来る勇気さえあったら、人生を棒にふらずに済んだかもしれないのに…(涙)

長々と失礼致しました m(_ _)m
またmixiにも遊びに来て下さい

| リューセイ | 2009/07/17 7:41 AM |

>リューセイさん

こんにちは〜!
熱いコメントありがとうございます!
見た当初はあまり感情移入ができなかったのですが、
後で原作を読んで、少し見方が変わりました。

人によって、色々な解釈ができる作品ですね。
男性と女性では、また見方が違うでしょうし。

恋愛に対する考え方は、十人十色だと思うのです。
私は、やっぱり常に現在そして未来を大切にしたいので、
前にすすめないのであれば、そのしがらみとなる思いは
さっさと清算すべきだと。
ぐだぐだしている時間って、何もうみださないと思うし。

(そうはいっても、なかなかそう割り切れないものですが・・・(苦笑))

なので、娘にまで寂しい思いさせているマイケルに対して
「オイオイ」と思ってしまったわけです。

確かに初めての恋愛があれほど情熱的で鮮烈であれば
忘れられないのは無理ないですが。

でも、新しい相手が現れたら、
過去の人は綺麗に上書きされるところが女性にはあるので、
男性は違うのかな〜なんて思ってました(^^)

>マイケルはハンナを愛してるんじゃなく
>「悪いことした、詫びたい」と思ってるだけなんじゃないでしょうか
なるほど!愛情というよりは、悔恨の思いからの行為だったと・・・。

私も長くなりそうなので、また続き書きます!

| Minita | 2009/07/17 2:43 PM |

>リューセイさん

続きです〜!

ハンナに自分の心をまるごと渡すほどの思いはもはやなく、
でも、彼女のために何かをしたいということでテープを
送り続けたのでしょうか。
自分の罪悪感を少しでも小さくしたいと思ったのかもしれませんね。

ラストシーンのハンナの選択は、哀しかったです。

映画ではちょっと読み取れなかったのですが、
小説では文字が読めるようになった後、強制収容施設の本を何冊もハンナは読んだことになっていました。

あくまでも当時は自分が与えられた仕事を愚直にこなすだけだった。そうするしかなかったと・・・。
裁判が終わった段階でもそう罪の意識はそれほど強くなかったのかな〜と。
でも、知識を得るにつれ、自分がどんなことに関わったかが
明らかになり、
自分で自分の人生の決着をつけることは決めていたのかなと思いました。
ただ、最後の面会で、もう少し優しい態度をマイケルがとっていれば、
「自分は赦されていいのかも。」とハンナが思ったかもしれないなと。

最後まで切ない話でした。
私はマイケルとハンナの個人的な関係だけではなく、
ナチスドイツが行った負の行為を、戦後個人がどう受け入れ、
消化していかなければならなかったか。
その視点からの踏み込んだ描写がもっと欲しかったなと思いました。

それならばもっと深く理解できたかもしれません。

リューセイさんの日記は視点が私とは違うことが多いので、
とっても参考になり、面白いです♪
また、お邪魔いたしますね〜!

コメントありがとうございました!

| Minita | 2009/07/20 1:42 PM |

MINITAさん、マイケルに対して手厳しいですね(^^;

ハンナの秘密を守り通したのも、朗読のテープを送ったのも、最後まで会わなかったのも彼なりの愛情表現のような気がして、
悔いや責め、あるいは弱さといったところはボクには見えなかったので、ちょっと新鮮でした。

| ひで | 2009/07/25 5:59 PM |

>ひでさん

あら・・・手厳しいかしら(^^)

>彼なりの愛情表現のような気がして、
ん〜。ハンナに対して強い思いがあったとはおもいますが、
自分が傷つかない範囲で、安全圏から手を差し伸べているだけのような気がしたのですよ。
1回もハンナとちゃんとむきあっていないしね。
それは、果たして相手を本当に愛しているといえるのかなと思いました。

でも、この作品はひとそれぞれにいろんな解釈があって
話すのが楽しい映画ですね〜!



| Minita | 2009/07/27 12:40 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/430

Trackback