<< 『重力ピエロ』 | main | 『愛を読む人』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『それでも恋するバルセロナ』

 
好き度:★★★★☆
「Vicky Cristina Barcelona」
夏のバカンスでバルセロナを訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と
ヴィッキー(レベッカ・ホール)は、セクシーな画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に
出会い、惹かれていく。
そして、彼の元妻のマリア・エレナ(ペネロペ・クルス)が戻ってきたことから、
四人の関係が次第に・・・・。

バルセロナって古さとモダンさを併せ持つ素敵な街で大好き〜!
食べ物も美味しいし、ガウディの建築物を色々見てまわるのももちろん楽しいし。
グエル公園の椅子にすわりながら高台からの景色をぼ〜っと見ているだけで、多分一日過ごせる。

そんな魅力的な街バルセロナに、開放的な気分になれる夏のバカンスで訪れ、
飲んでるワインは美味しく軽く酔いがまわっているところ、
フェロモン満載のラテン男に言葉巧みに口説かれたら、どうします?

私、断る自信はありません。(キッパリ)

鑑賞前はウディ・アレン監督がハビエルに自分を投影して妄想を実現した映画?
とおもいきや、一般女性の妄想を掻き立てる話でもあるんじゃないかな〜(笑)
だって、こういうあばんちゅーるって、楽しそうじゃないですか?
今年の夏は、バルセロナに行きたくなったくらい、楽しい映画でした!

「欲しいものはわからないけれど、欲しくないものはわかる」と現在自分探し中の
クリスティーナは、恋愛には積極的で、すぐにフアンに惚れちゃうのもわかる。
恋には慎重派でアメリカには婚約者までいるヴィッキーも彼に惹かれるのもわかる〜!
こういう真面目な女性ほど情熱的な口説きに弱いもの・・・。

ここまでだと、よくある三角関係の話なのですが、ここにかなりエキセントリックな女
マリアが登場して、3人にからむから俄然面白くなる!

ちょっと、熱くなるとすぐにスペイン語でまくしたてるマリアが素敵!
クリスティーナの前だから英語で話さないとわからないだろう!ってマリアをたしなめる
フアンまでもがだんだんスペイン語にかわっちゃって、
二人でがんがんいいあいしちゃい、クリスティーナがひとり取り残されるシーンが
最高に好き!

他にも、ぽんぽんとびかう会話がとても面白く、美男美女揃いなので
自分からは遠い世界のゴシップ記事を読むような感覚で物語を楽しめる。

バルセロナの街は黄味がかった映像で映し出され、昔の遠い街のような印象を受け、
なおかつ、何故かストーリーの流れを語る古臭いナレーションがはいる。
映画のつくりもどこか観客との距離を意識しているのかな〜なんて思った。

登場人物、そして見ている者たちの夢(あるいは妄想)が、
風船のようにパンパンに最大限にふくれあがったところで、
もう、これ以上ないってくらいの絶妙なタイミングでパチンとはじける!
その気持ちいいくらいの目の覚めっぷりといったら、もう笑うしかないのだ(笑)

ウディ・アレン監督、最近めちゃめちゃ映画づくりが楽しそう・・・・。
音楽も昔よく聴いたスパニッシュ・ポップスが使われていてたまんなかったわ。

スポンサーサイト

| - | 13:18 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/425

Trackback