<< トロワピエロ@中目黒 | main | 『チェイサー』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『レスラー』


好き度:★★★★☆
「The Wrestler」
ランディ“ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー・ローク)は、

かつてはプロレス界のスターだったが、20年後の今は落ち目となり、

地方の興行で細々とくいつなぎトレーラーハウスで生活を送っていた。
ある時、心臓発作をおこした彼はプロレス界を引退し、

第二の人生を始めようとするのだが・・・。

ドラマチックに作られがちな題材だと思うのだけれど、過剰なお涙頂戴的な演出ではなく、
手持ちカメラの映像で一人の中年レスラーの姿を淡々と映し続ける。音楽もほとんどない。
まるでドサ周りのレスラーの密着ドキュメンタリーのよう。
だからこそ、かつては栄光を手にし、今はおちぶれつつある一人の男の
哀愁ただよう姿が静かに胸に迫る。
ラムを演じたミッキー・ロークの存在感あふれる演技は本当に素晴らしかった。

体をはった商売というのは、若い頃はいいけれども、年をとってくるとつらいだろうなあ。
商売道具の自身の肉体が使い物にならなくなったら・・・

将来に対する不安がぬぐえない毎日。
かつは人気プロレスラーだったラムも例外ではなく、酷使し続けた体はもうぼろぼろで、
耳も補聴器をつけているし、老眼鏡も必要。
ステロイド剤を打つお尻はたるんでたりして、老いには逆らえない。
中年になってもトレーラーハウスで一人暮らしで、

スーパーマーケットでアルバイトしながら
週末に興行にでて細々とくいつないでいる。
稼いだお金は全て、髪を金髪にそめたり、日焼けサロンにいったり、
高価なステロイド剤やサプリメント購入のために消えてしまうものだから、
普段はボロボロのダウンジャケットをテープでとめて着てたりするの。
かつては栄光の絶頂にいた彼だからこそ、現在の生活との落差が大きくて、

胸が締めつけられる。

興行も、いかにオーバーに流血をして、観客をもりあげるかに重点がおかれていて、
ガラスとか釘とかナイフとかホッチキス(!!)とか、

あまりにも痛そうで見てられないの。

でも、舞台裏では、悪役とすべて細やかな段取りを決めている、
完全にショーアップされているエンターテイメントなのね。
そして悪役とラムが互いにレスペクトしあっているさまは楽しそうで、

なんだかとっても微笑ましい。

体を傷つけながらも、ラムにとってはここが唯一の居場所だったんだろうな。

そんな彼も、自分の限界を悟る時がくる。

突然見舞われた心臓発作を機に、彼は新しい人生をやりなおそうとする。
定職につき、疎遠だった娘と関係を改善をし、惚れた女と家庭をもつ。
あたりまえの穏やかで普通の生活。

でも、若い時と違って人生も半ばを過ぎた時期に生き方を変えようと思っても、
そうそううまくいかないよね。 
ましてやプロレスに全てを捧げてきた彼のような男が、簡単に変われるはずがない。

彼を包む歓声がある限り、リングに立ち、闘う。それがラムの人生なのだもの。

最後にリングから、ファンにむけて語る言葉には思わず涙。
かつての彼を知っている身としては、ミッキー・ローク自身の言葉ともとれるから。
今のミッキー・ロークだからこそ、表現しきれた役なんだろうなあと思う。

映画スタジオからは「もっと有名な俳優を使え」とのプレッシャーがあったらしいけれど
監督は予算を大幅に削りつつも、ミッキー・ロークの主役を死守したと
チラシに書いてあったのを読んで帰りの電車の中で、再度泣けた(苦笑)
そんな監督の心意気と、それに見事に応え、"ラム”を演じきった

ミッキー・ロークの役者魂に心から拍手をおくらずにはいられない。


女優陣も素敵でした!
お客としてランディに接しながらも、彼の身を常に案じている

ストリッパー役のマリサ・トメイ。
彼女自身も肉体や美貌の衰えを感じつつ、体をはった商売をしていることから、
彼の先のみえない不安が痛いほど理解できる。
だからこそ、彼に惹かれながらも、人生を共にすることにはためらうさまが、うまい!
子供をかかえる身としては、将来が安定しない男性と関係を築くのは、
恋愛感情だけではつっぱしれないものね。
しかし、彼女は相変わらず裸体が美しいよ・・・・。

そして、「アクロス・ザ・ユニバース」や「ダイアナの選択」で印象的だった

エヴァン・レイチェル・ウッド。
プロレスのことしか頭になく、自分をほったらかしにしていた父親に対する憎しみと
でも、本当は好きでたまらない愛情とのバランスを

どうとっていいかわからない気持ちの揺れの表現が見事!!

スポンサーサイト

| - | 12:36 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/419

Trackback