<< 『ダウト〜あるカトリック学校で〜』 | main | 『スラムドッグ$ミリオネア』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

いのうえ歌舞伎 壊Punk「蜉蝣峠」@赤坂ACTシアター



劇団☆新感線の「蜉蝣峠」に行ってきました!
初めて見たのですが、人気がある劇団なのは納得です。すごく面白かった

今回はクドカン脚本で、客演が堤真一、高岡早紀、梶原善、勝地涼、木村了。

テレビより、クドカンの脚本はさらに壊れている印象(笑)
最初のあたりのシモネタな雰囲気は、受け入れられる人と受け入れられない人の差が
あるんじゃないかな。
・・・ちなみに私は、面白いからOKでした
(あ。でも 一部、痛そうで軽くひいたところあった・・・。)

前半は笑いがベースですすめられるんだけれども、後半はだんだん切ない展開に。
やっぱり、笑いと哀しみを両方描けるクドカンは好きだな〜と思いました。

舞台装置はお金かかっていてびっくり!上手と下手の家がスライド式に動かせるし、
スクリーンを多用した演出は見事だなあ〜と。
例えば回想シーンで、過去の出来事を映像で流したり。
そのことによって、残酷なシーンなのに、美しく思えるほどで・・・。ライティングもよかった!!

役者の面々。

主役闇太郎役の古田氏は、いうまでもなく上手い!足が結構細くて筋肉質でドキッとしました。
最初、ぬ〜っと無言で登場するだけで笑いとってましたよ。
後、テレビでよく見ていた橋本じゅんさんも、生で見られてサイコー!
歌もなかなかうまかったし、間のとりかた抜群!ず〜っと笑いっぱなしでした。
3人の親父でやったPerfumeもどきの「ヤクザ イン ヘブ〜ン♪」は、
またまた思いきりツボにはまって笑いがとまらず・・・・。

客演の堤さんの着流し姿はうっとりするくらい色っぽく。背がとっても高くて素敵なの!
ラストの古田氏との殺陣は、かなりの迫力で、目が離せませんでした。
・・・しかし、もう一役が笑撃!! ○○○の着ぐるみですよ〜!
動物タレントの悲哀を切々と関西弁でしゃべくりまくる姿は、とても二枚目俳優だとは思えず。
一緒にいった友達は、最初堤さんとは気づかなかったそうな(苦笑)

若手イケメン俳優として人気上昇中のダブルりょう君も、とても美しく芝居もかなり見せるし、
なんと目の保養〜
勝地君は「少年メリケンサック」でもヘタレな男の子役を好演してましたが、
この舞台でも「男」か「女」かよくわからない役どころを軽快にテンポよく演じてました。
木村了君は、テレビドラマではオトメンのイメージが強かったですが、
凛々しく、かなり舞台映えするんだよね。

幕間もいれて約3時間の舞台、堪能いたしました〜!秋公演も行きたい。
客演は、堺雅人と上川隆也ですもの・・・・見たすぎる。しかし、チケットとれるのかな?

赤坂サカスの夜桜もほぼ満開で楽しみながら、
芝居の余韻に浸りつつ飲み〜。またもや終電逃すところでした・・・・。(セーフ!)

スポンサーサイト

| - | 14:33 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/403

Trackback