<< CINEMA & WINE | main | どこかに行ってみる? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『フィッシュストーリー』


好き度:★★★★☆
1975年、世に出るのが早すぎたパンクバンド「逆鱗」はまったく売れずに
最後に「FISH STORY」という曲を残して解散。
その後、1982年、2009年と時は流れて2012年、
彗星激突のため、地球は滅亡の危機にさらされていた・・・。

すっごくいい気分になれる映画でした!ストーリーテリングがとっても巧みなんだよね。
伊坂幸太郎の本はあんまり読んでないんだけれど、この原作は読んでみたい。

時代の違う3つのお話が描かれる。
1975年 「フィッシュストーリー」を作ったパンクバンド逆鱗とプロデューサー(大森奈朋)。
1982年 友達にアゴでこき使われる気弱な大学生(濱田岳)。
2009年 突如シージャックに巻き込まれた女子高校生(多部未華子)と
       正義の味方になりたかったシェフ(森山未来)。

時間軸の違う話が絶妙に交錯される構成がとても面白いし、
どのエピソードも、ふんわりとした温かさを感じる。この監督の持ち味なのかな?
しかも、登場人物の誰もがとっても魅力的。

一番びっくりしたのが、森山未来君のアクションの素晴らしさ!
小さい頃からダンスをやっているだけあって、体のキレが凄く、
一連の動作はまるで踊っているかのようにエレガント。
あれだけ、足が高くあがるキックができる人はなかなかいない(笑)
「逆鱗」ボーカル役の高良健吾君も、つい目がいってしまう不思議な引力を感じたし
売れない「逆鱗」の音楽性を信じてサポートするプロデューサーの
大森奈朋が懐の深いいい男を演じてるの。本当に色気があってうっとりします〜

そして、斉藤和義プロデュースの「FISH STORY」がとってもいい!
この映画の主役はまさにこの歌 
なんせ、「いつか地球を救う(?)」歌なんだもの(笑)
血がかよっていて、パワフルで、心に響くの。

バラバラにみえたエピソードが、ラストでつながっていくところは爽快!
なんとなく展開は予想できるのだけれど、それでも、じんわりさせられる。

空疎な言葉を吐くだけの人よりも
報われないかもしれないけれど、誰にも認められないかもしれないけれど、
自分のやるべきことを一生懸命にこなしていく人のほうがはるかに素敵。
そんな人々の想いは、いつかきっと誰かに伝わり、それが「世界を救う」のだ!

そう、こういう フィッシュストーリー(ほら話)があってもいいじゃない、ね? 

スポンサーサイト

| - | 17:24 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/379

Trackback