<< BARU 恵比寿@恵比寿 | main | 第81回 アカデミー賞発表! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『ロックンローラ』


好き度:★★★★☆
「ROCKNROLLA」
不動産バブルに沸くロンドン。
不正な不動産取引きを目論むロシアン・マフィア。ロンドン裏社会のギャングのボス。
ジャンキーなロックローラ。セクシーでしたたかな女性会計士。どこか抜けているコソ泥。
富を手にしようとするそれぞれの思惑がからみあい・・・・。最後に笑うのは誰か?

ガイ・リッチー十八番のロンドンが舞台のギャング群像劇。
スタイリッシュな映像、アクの強いキャラクター、音楽のかっこよさは相変わらずで
オープニングシーンからウキウキ

ただね。中盤のストーリー展開がちょっとキレがなかった。
ワン・ツー(ジェラルド・バトラー)たちがギャングのお金を横取りするシーンが、
2回繰り返された意味がよくわからなかったし。
そして、物語を少しずつ狂わせていくジョニー(トビー・ケベル)の存在にちょっととまどっちゃいました。
いろいろな人物のストーリーを交錯させ、全体像をみせていくんだけれど、
彼のピースがその全体像にしっくりはまっていないようで、ひっかっかったな〜。
だから、終盤にむかってひとつのオチに収束される過程がいまいちすっきりしなかった。

クライム・ムービーでありながら、時々織り交ぜられる笑いは好き。
今回お笑い担当(?)のジェラルド・バトラーが、ロシアン・マフィアにおっかけられるシーンや、
ゲイの友人に迫られるところは、かなり笑えました〜。

あと、「ワールド・オブ・ライズ」のハニ役で印象的だったマーク・ストロングが
この映画でもギャングのボスの片腕という渋い役どころをこなしていてかっこいい。
むしろ、ジェラルド・バトラーより主役ポストじゃ?
ガイ・リッチーの次回作「シャーロック・ホームズ」でも悪役で出演予定らしい。

ガイ・リッチー完全復活!とまではいかないけど、次回作が断然楽しみになってきた♪

スポンサーサイト

| - | 00:11 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/372

Trackback