<< maru@八丁堀 | main | BARU 恵比寿@恵比寿 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『ロシュフォールの恋人たち』


好き度:★★★★☆
「Les demoiselles de Rochefort」 
フランス南西部の港町、ロシュフォールは、年に一度のお祭りの準備でにぎわっている。
美しい双子の姉妹、デルフィーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)とソランジュ(フランソワーズ・ドルレアック)を
中心に、様々な恋模様を素晴らしい音楽とともにロマンティックに描く極上のフレンチ・ミュージカル

自分が生まれる前の作品なのに、これほどわくわくして幸せな気持ちになれるなんて〜

「きっとどこかに運命の人がいるわ〜!」
恋に対する期待で胸がわくわくして、気持ちがフワフワしていて、
みんな歌って踊ったりせずにはいられない!
男も女も、ロマンスを求めていて、「遠くにいるか、近くにいるか」わからない人を探しもとめている。
でも、理想の人にはなかなか出会えずこれでもかというぐらいすれ違うのね。
あと少しのところで出会えるのに〜とこっちはじりじりしちゃうのだけれど、それもとても楽しくて。
恋って始まりそうで始まらない段階がいちばん胸がドキドキするもんだよね(笑)

そして、なんといっても
カトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックの美しいことといったら!
色違いのおそろいでそろえるファッションは、カラフルでポップでとっても可愛くて。
ミニのワンピースにつばの広い帽子、これほどエレガントに着こなせるなんてね〜。
そんな二人が歌う「Chanson Des Jumelles 双子姉妹の歌」は、
映画が終わってからも頭の中でくりかえし流れて、おもわず鼻歌をうたってしまう。

 


ハリウッドから、ジーン・ケリーとジョージ・チャキリスが出演しているのもたまんない。
ジョージ・チャキリスのオープニング・シーンのダンスもうっとりしちゃったけれど、
ジーン・ケリーが街角で軽やかにタップを踏んでみせるところも華麗で素敵

色彩豊かな映像と、ミシェル・ルグランの極上の音楽、そして、楽しい歌とダンス。
スクリーンで堪能できてホントよかった

映画館を出たあと気分がウキウキして、なんだか自分も恋がしてみたくなり〜(笑)
ミ ファ ソ ラ〜 ミ レ レ ミ ファ ソ ソ レ ド〜

スポンサーサイト

| - | 23:56 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/371

Trackback

『ロシュフォールの恋人たち』 Les Demoiselles de Rochefort 1967
なんて楽しいの! 至福のフレンチ・ミュージカルがデジタルリマスター版で色鮮やかに蘇る。優美で芳醇なメロディにのって、人々は恋して歌い踊るのだ。 恋の歓びと恋に恋するウキウキ気分が街にあふれて、エスプリとダンスが小粋に弾む。 リバイバルの嬉しさがまず訪

| かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2009/02/24 11:56 PM |