<< 『世界最速のインディアン』 | main | 麻布十番 パテ屋@麻布十番 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『アイム・ノット・ゼア』


好き度:★★★★☆
「I'm Not There」
アメリカ音楽界の生きる伝説ボブ・ディランの半生を6人の俳優によって描く。

様々な人種、年齢、性別の6人が演じるということで、オムニバス形式かな?と思いましたが、
入れ替わり立ち代わり6人が現れる。それも、時系列順ではないし、
誰も自分を「ボブ・ディラン」と名乗らないので、最初はちょっと混乱しました。
これは各々がボブ・ディランの人格や魂を演じているそうで、史実もあれば、フィクションもあり。

確かに一人の人間であっても、多様な面をもちあわせているし、
ましてや時代と共に常に進化しつづけている伝説のような人物であればなおさら。
6つの人格がくるくると現れ、重なりあう・・・。
しゃかりきになってストーリーを追いかけ、分析しちゃうと楽しめないの。
「わけわかんなくて、退屈」というレビューも結構目にするし。
でも「わからないもの」という前提で、頭ではなく、感覚で見ていると、
次第にボブ・ディランという存在が浮かび上がってくるのだ。

もの凄く面白い構成だわ!!

これは本人が話しているインタビューで構成されるドキュメンタリー物よりも
ひょっとするとその人の本質をより深く描ける手法かも。
事実の羅列=真実ではないもの。
もちろん、監督自身が対象をより深く理解している必要があると思うけれども。

ジャック/ジョン(フォーク歌手後に牧師)・・・クリスチャン・ベール
ジュード(ロック・スター)・・・ケイト・ブランシェット
ウディ(放浪者)・・・マーカス・カール・フランクリン
ビリー(無法者)・・・リチャードギア
ロビー(俳優)・・・ヒース・レジャー
アーサー(詩人)・・・ベン・ウィショー




ケイト・ブランシェットは、本当になりきっていましたね〜。男にしかみえませぬ・・・。
しかも、フォークからロックにスタイルを変えて、ファンのブーイングをうけまくっても
自分の信念を曲げない姿は、とってもかっこよく、ロック・スターそのもの。
これでオスカー助演女優賞にノミネートってのは、納得。

あと、恋愛と結婚というプライベートなパートを演じたヒース・レジャーとシャルロット・ゲンズブールが
しっとりとした大人の雰囲気で凄く素敵だったやっぱり、死ぬのが早すぎよ、ヒース。

そして、バットマンことクリスチャン・ベールも、全然違う雰囲気でびっくり。
この人も化ける役者ですね。

ま。私は「knocking on  heaven's door」のオリジナルが
ボブ・ディランだったことすら知らなかったので・・・(恥)
あまりこの映画の真の面白さを味わいきれていないかと思いますが、
それでも十分に楽しめ、全編に流れる彼の曲はあらためていい歌だと思います。


「私は、ひとりの他者である」というランボーの言葉が象徴的。

他人の尺度は必要ないし、興味もない。誰の代弁もしない。
カテゴライズされることに対して徹底的に抗う。
ただ、自分の中から湧き上がってくる想いに真摯に向かいあい、表現するだけ。
枠の中におさめようしても、とらえようとした瞬間に、もうそこに彼はいない。

「I'm not there.」

スポンサーサイト

| - | 12:38 | - | - |

Comment

これだいぶ前に買ったのに観てない。。。
I'm not thereってタイトルがボブディランぽいです。
はよ観なな!

| bobby | 2009/02/28 1:48 AM |

>bobbyさん

ボブ・ディラン好きなbobbyさんだから、とっても楽しめるのではないかな〜。

女優であるケイト・ブランシェットが一番、
彼に姿形が似てるのがちょっとびっくりです。

はよ観てな^^

| Minita | 2009/02/28 10:36 PM |

観た観た観た〜観たよー。今見終わった。
キャスティングも選曲も激シブでした〜
最初の方のオッサン2人と黒人少年のセッション、(Tombstone Blues)で鳥肌が立ちました。

確かにディランの曲とか経歴を知らないと分かりにくいかもしれないですね(分かってもらおうという意図が感じられない)、俺も最後の方はだいぶ意味が分かりませんでしたが。

あと、ブランシェット、似てましたね〜〜〜!!猫背なとことか体格もそっくりであせりました。
あと超たばこ吸いたくなりました〜。

ほんとにディランはいろんな描き方のできる人だと思います。
若干興奮してしまいよく分からない書き込みですみませんでした。Minitaサン記事のおかげでやっと観られましたm(_ _)m

| bobby | 2009/03/01 12:02 AM |

>bobbyさん

bobbyさんの興奮が伝わってきます〜(笑)
やっぱりディテールまで楽しめるだろうからうらやましい!
選曲は渋いのですか〜。
確かに最初のセッションのシーンは素敵だったね。

一人の人間をこういうふうに描いた監督のセンスが素晴らしく。
ボブ・ディランが唯一映画化にゴーサインをだした作品っていうのも納得です。
これほど多様な面をもっている人だなんて魅力的ですね。
私は、逆にこの映画をきっかけにもっと彼の曲を聴いてみたいと思いました。


最後のリチャード・ギアが扮したビリー・ザ・キッドのシーンは、
バイク事故後、しばらく続いた隠遁生活の時代を象徴しているのでは?という他の人のレビューを読みました。
彼もまた、最初の少年と同じように
「ファシストをぶっぱなすマシン」とかかれたギターケースを抱えていたのが印象的。

| Minita | 2009/03/01 11:14 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/353

Trackback