<< 『ワールド・オブ・ライズ』 | main | 『人のセックスを笑うな』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『潜水服は蝶の夢を見る』


好き度:★★★★★ 
LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY
一流ファッション誌「エル」の編集長のジャン=ドー(マチュー・アマルリック)は、突然の脳梗塞に襲われ、
左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった。
彼の意識は鮮明であることを知った言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)は
左目のまばたきでコミュケーションをとる方法を考え出す。
20万回の左目のまばたきで、ジャン=ドー自身がつづった驚異の自伝小説が原作。

冒頭から、病院で覚醒したジャン=ドーの視点からの映像で始まる。
自分を覗き込む顔、顔、顔。
医者の質問に懸命に答えているのに、自分の声は頭の中で響くのみで相手には伝わらない。
体の自由がまったくきかず、「ああ。もとの体には戻れないんだ」そう悟った瞬間にぼやける画像。
彼が泣いていることが痛いほど伝わる。

前半部分はずっと、ジャン=ドーの視点からの映像なので
旧式の潜水服に身をつつみ、深い海の中にひとりぼっちで沈んでいるような息苦しさを
彼と同様に観る者も感じる。

42歳なんて、働きざかりの男性じゃないですか。いい男でしかも社会的に成功している。
お金もあり、美味しい食事やお酒を満喫し、美しい女性とのデートを楽しんでいた彼が、
突然、赤ん坊のように、なすすべもなく他人の手によって体を洗われる身になったわけで。

彼が感じた絶望感や無力感はいかばかりか。
ジャン=ドーは最初は「死にたい」などつぶやき、周りを心配させる。

だが、彼が「本当にいい男」の真価を発揮するのは、これからなのだ。

ある時、彼は「もう自分を憐れむのをやめよう」と決心。
と同時に映像も、彼自身の視点から、客観的なものに変わり、急に世界は広々としたものになる。
体は「潜水服」の中に閉じ込められているけれども、
想像力を発揮すれば、「蝶」のようにどこへでも、はばいたいていけるのだと彼は悟る。

美人の言語療法士や看護士の胸元や、元妻の太腿に視線を向け、「触れられないなんて」と悔しがったり、
電話設置にきた作業員の心無いジョーク、「しゃべれないのに電話なんて無言電話でもする気か?」
に対しても、「面白い!!」と大笑いする余裕。
不自由な生活を強いられながらも、ユーモアを忘れずに、日々一生懸命生きていこうとする。
そして、自分が生きてきた証として、自伝小説を書こうと決める。

その方法とは、編集者が「E, A, R, ・・・・」とアルファベットを一文字ずつ読み上げ、
該当するアルファベットのところで、まばたきをし、それを書きとめ、
また、最初から文字を読み上げることを繰り返し、一文字ずつ綴っていくという
とてつもなく時間と忍耐と労力がかかる作業。
しかし、それをやりぬいた彼と編集者は凄い。まばたきの回数は、延べ20万回になったそうだ。



このコミュニケーション方法を、彼を支える周りの人々(しかも美人揃い!)が、習得していくのが感動的。
しまいには、ボードをみなくても、そらでアルファベットを言えちゃうようになったりする。

彼の生きる姿を見て、みんな彼が好きになり、支えようとする気持ちが本当に素敵なのだ。
彼自身も、そんな人たちの励ましと愛情を感じて、充実した日々を送れていたのだと思う。

もちろん、哀しくて、切なくて、どうしようもない時もあり。
通訳を介して、彼が体が不自由でお見舞いに来れない父親と電話で会話するシーンは泣けたな。
父親は息子の声が聞こえないわけで、「こんなのは耐えられない・・・」と絶句する。
ジャン=ドーは、その気持ちが痛いくらいわかるのだけれど、何もできない自分に涙するしかなくて。

大好きだな〜。この映画。

観る者もまるでジャン=ドーになったかのように感じさせる演出と詩情あふれる美しい映像。
左目だけしか動かさずにジャン=ドーを演じきったマチュー・アマルリックの素晴らしい演技。
そこに描かれる、困難な状況の中でも、前向きにユーモアを忘れずに生きぬく彼の姿に、
そして彼を愛し、支えた周りの人々の姿に、言葉にはできないほど感動します。

まちがいなく今年のマイベストムービーの1本です

スポンサーサイト

| - | 12:01 | - | - |

Comment

いかん、いかん。
朝の空き時間に何気に覗いて読んだら泣けてきた。
お化粧が取れるっちゅうねん!
この映画雑誌だか何かで紹介してるのを目にしてから気になっていたのよね。
それにしても近頃のMINITA映画評ぐいぐい人を引き込んで、読み終えると映画館やレンタル屋さんに駆け込みたくなるあたり淀川さんに近づきあるのね!

| Pilar | 2008/12/10 10:03 AM |

>Pilarさん

嬉しいコメントありがとう〜!
書くモチベーションがむっちゃあがるわん♪

好き勝手に書いているのだけど、それを読んで
見たくなったと言われるのってすごく嬉しいです!
・・・実際見て、期待はずれだったらごめんね(笑)

この映画はひょっとしたら今年一番かな〜なんて思うの。
同じようなシチュエーションで、「海を飛ぶ夢」って映画も
ありましたが、
あの主人公は、自殺することによって自分の魂の解放を
望んだんだよね。
この作品の主人公は、自分の想像力を駆使することで、
それを実現したのが素晴らしいな〜と。

| Minita | 2008/12/10 10:39 PM |

最高ですよねぇ。
年内に鑑賞いただけてよかった。
私の映画に求めるものはココにありっていう感じでした。
マチュー。

| かえる | 2008/12/13 8:51 PM |

>かえるさん

TBありがとうございます〜!う〜ん、さすがのレビュー。
素敵です!

私もこの映画は本当に素晴らしいと思いました。
完璧とかえるさんが評されるのもすごく解る!!
去年の東京国際映画祭で見逃した自分が馬鹿・・・。

マチューは素晴らしい〜の一言です。
007「慰めの報酬」での悪役ぶりもむちゃくちゃ楽しみですね!

| Minita | 2008/12/14 11:58 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/307

Trackback

『潜水服は蝶の夢を見る』
感動のバタフライ・エフェクト。 まばたきが文字になり、目がカメラになり、僕らは深海から天空に飛び立つ蝶に出逢う。 ファッション誌「ELLE」の編集長ジャン=ドミニク・ボビーは、 脳梗塞で倒れて生死をさまよい、全身が麻痺して左眼だけしか動かせない体となっ

| かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2008/12/13 8:46 PM |