<< Ludivine Sagnier (リュディヴィーヌ・サニエ) | main | 『ブラインドネス』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『ゆれる』


好き度:★★★★★

東京でカメラマンとして成功し、自由奔放に生きている弟、猛(オダギリ・ジョー)と
田舎の実家のガソリンスタンドを継ぎ、父親と二人暮らしの実直な兄、稔(香川照之)。
幼なじみが吊橋から転落した事件をきっかけに、対照的な二人の関係が揺らぎはじめる・・・。

気持ちがどんよりしそうで今まで敬遠していましたが、もっと早く見ておけばよかったな。
これは、周りが絶賛するはずだわ。

チョイ悪で、甘え上手で、女が放っておかない魅力的な弟。
真面目で、人には親切で、だが、凡庸な兄。
それぞれのキャラクターを、リアルに演じきったオダギリ・ジョーと香川照之の演技力と
兄弟同士の心理的葛藤を、丁寧にかつスリリングにみせ、観客を最後までひきずりこむ西川監督の演出力。
素晴らしい才能の結集!好き!

猛は、優しい兄が地元に残ってくれていることで、自分が好き勝手に生きていられることに感謝している。
しかし、同時に彼に対して優越感も持っている。
母親の一周忌で、父親と自分との喧嘩をとめに間にはいり、こぼれた料理を片付ける。
倒れたとっくりからお酒がポタポタおちて、ズボンの裾をぬらしているのにも気づかずに
はいつくばっているかっこ悪い兄。
この場面で、猛が実は稔を格下の男だと思っているのがわかる。
だからこそ、稔が想いをよせている智恵子(真木よう子)を気まぐれに抱けたりするのだ。

稔は、東京で成功している猛を誇らしく思う一方で、全てに弟に負けている自分を情けなく思っている。
「親孝行な息子」「弟思いの優しい兄」「いい人」・・・そうあることだけが自分の存在価値。
自分を抑えて、弟に対する劣等感や嫉妬を澱のように静かに溜め込んでいたのだと思う。

そんな稔の抑えていた思いが、智恵子のことがきっかけとなり、徐々にあふれだす。
猛に智恵子とのことをカマをかけながら、ひとつずつ丁寧に洗濯物をたたむ卑屈な背中。
猛のところに行こうとする智恵子の背中に、必死にしがみつこうとする姿。
その惨めで哀しい姿を、気持ち悪いと思えてしまうほど、香川照之の芝居は巧かった。
だからこそ、吊橋の上で、智恵子があれほど激しく稔を拒絶したのが納得できる。

事故なのか?殺人なのか?
智恵子の死の真相をめぐって、裁判が開かれ、その過程もサスペンスフルで引き込まれるが、
それより、この兄弟が対峙し、葛藤し、徹底的に傷つけあう姿に心奪われた。

仲のよい兄弟だったはずなのに、人との関係は、こうも簡単に揺らぎ、移ろい、あやうくなるものなのか。

男兄弟同士の心理描写が秀逸で、これを30歳そこそこの女性監督が撮ったことに驚き。
私は妹がいるのだけれど、やはり、優越感や劣等感をそれぞれお互いが持っていると思う。
でも、女同士って幸せをはかる基準が色々で、一概に優劣がつけられない一方で
男同士は、その基準が狭いのかな。だからこそ、負けたほうは逃げ場がなくなるのかもしれない・・・。

奪い、奪われ、
傷つき、傷つけられ、
一度失ってしまった絆を、人は取り戻すことができるのだろうか。

猛の「兄ちゃん!」の叫びに、応える稔の静かな微笑。
その後の一切を観客に託すラストシーンの切り方に唸る。鮮烈。

スポンサーサイト

| - | 12:21 | - | - |

Comment

見たくなるちゅうねん。5つ星やし。

俺は、卑屈さとか劣等感とかを持っている人に強く惹かれる傾向があります。香川さんも好きです。

>女同士って幸せをはかる基準が色々で、一概に優劣がつけられない一方で男同士は、その基準が狭いのかな
そういう見方もあるんですねぇ。

Minitaサン文章上手ですね。

| bobby | 2008/11/26 11:36 PM |

>bobbyさん

この映画は好き嫌いが分かれる作品だと思います。
人の隠しておきたい闇をこれでもかというぐらい
抉り出しているから気分がよくなる映画ではないかな。

でも、オダギリジョーと香川照之のガチンコ演技対決は
すごいですよ〜。
特に香川さんの鬱屈した感情表現が見事です。

男同士の比較基準って
「どっちが甲斐性があるか」「どっちが女にもてるか」の
ふたつなのかしらんとこの映画を見て思いました(笑)

検事役でキム兄で出演していて賛否両論で、
もし見たらbobbyさんの感想が聞きたいな。
やる気なさそうでひょうひょうとしながら、
実は痛いところをじわじわ攻める検事で、
結構リアルでいいんじゃないかと私は思ったので〜。

文章上手って嬉しいです!
でも、自分では全然そう思わないんですよね。
なんかいつも書きたいことが上滑りでもどかしいです。

| Minita | 2008/11/27 12:58 AM |

これは私も唸りましたね。

兄弟の抱える秘めた醜い暗部と忘れかけていた互いの絆。
西川監督は自身の見た夢をモチーフに、2年かけて脚本を書いたそうです。

あと、現在発売中の「BRUTUS」の映画特集では、椎名林檎と西川監督の対談が載っています。もし未読でしたらご一読を。椎名林檎のマルジェラのイエローブーツもインパクトありです。

| ライカ犬 | 2008/11/27 1:19 AM |

ボクも好きな映画です。ラストシーンにぐっときました。

周りをみてると、男兄弟って照れくささやら頑固さやらで
互いへの感情表現が難しくて、関係がいったんこわれると
修復するのが難しいのでしょうね。

そんな複雑なところを若手の女性監督が撮ったのは
すごいことだと、ボクも思います。

| ひで | 2008/11/27 1:34 PM |

>ライカ犬さん

早速「BRUTUS」買いました^^ 
映画特集は毎回読み応えありますね〜。最後までいつも読みきれないんだけど。

椎名林檎と西川監督、どちらも才気溢れて、かつ美しい!
女性からみてもうらやましい限り〜。
二人とも物語を紡ぐ才能が群を抜いてますね。
西川監督が「ポニョ」を見ていないというのが「同じだ〜!」と思い少し嬉しくもあり。
次回作は鶴瓶が主役なんですね〜。楽しみ!!


椎名林檎のイエローブーツ、素敵でしたね。
あれをはきこなせる人はなかなかいないと思うけど(笑)

| Minita | 2008/11/27 9:41 PM |

>ひでさん

>男兄弟って照れくささやら頑固さやらで互いへの感情表現が難しくて、
>関係がいったんこわれると修復するのが難しいのでしょうね。
なるほど〜。確かに姉妹だと喧嘩してもわ〜っと言い合って、
その後は美味しいものでも食べれば元通りってところがある(笑)
あんまり溜め込まないかもしれないですね。

私もどうして男兄弟の設定にしたんだろうと不思議だったのですが、
↑の対談記事によると、西川監督自身が女性を描くことが苦手で、
自分の男性的な部分を投影したほうが描きやすいそうな・・・。

でも、たとえば、情事が終わった後、智恵子が料理を作ろうとしたけれども、猛はさっさと帰ってしまうシーン。
切りかけのトマトがまな板の上にポツンと残されている映像って
とっても女性的な視点だなあと思うのですよね。

西川監督の次回作もとても楽しみですね!

| Minita | 2008/11/28 1:08 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/298

Trackback