<< 料理〜! | main | 炭火串 トリロメオ@石川町 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『落下の王国』


好き度:★★★★☆

「The Fall」
1915年のロサンゼルス。
映画の撮影中の事故で脚を負傷したスタントマンのロイ(リー・ペイス)は、
入院中の病院で、純真無垢な5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)に出会い、
ある目的のために、彼女の気を引こうと作り話を語り始める。
それは、暴君に立ち向かう5人の勇者たちの壮大な物語だった・・・。

ロイの話を聞いて、5歳のアレクサンドリアが想像するビジュアルが素晴らしい!!
真っ青な海に浮かぶ白く小さな島、幾何学模様の遺跡、青に彩られた町・・・・。
雄大な景色、鮮やかな色彩、全てがこの世のものとは思えない美しさ。
一切CGを使用せず、監督が4年間の歳月をかけて、延べ世界24ヶ国以上でとりためた映像とのこと。
そして、石岡瑛子氏の衣装の美しさも見事に監督の世界観とマッチしていて
幻想的な映像美を紡ぎだしている。



ロイがしてくれるお話に夢中になるアレクサンドリアが可愛くてたまらない。
御伽話を本当の話として信じることができるのが、5歳が限度らしく、
監督はアレクサンドリアを演じるカティンカちゃんがそれ以上大きくなる前に撮ったらしい。
だからロイの話に対して、本気で驚いたり笑ったり泣いたり怒ったり、そのリアクションがとても自然。
なので、見ている私たちもいつのまにか荒唐無稽なお話に引き込まれてしまう。

タイトルのとおり、映画では「落ちる」シーンが何回も出てくる。
オレンジの木から、スタント撮影中の馬から、塔の上から、脚立の上から・・・・。

「落ちる」ということは、現在いる日常から離れ、別の世界に移動することともいえる。
不思議の国のアリスもうさぎの穴から落っこち、「恋」だって落ちるというではないか・・・・!

落ちることによって初めて、現実世界から解き放たれ、
人は自由にイマジネーションの翼を拡げることができるのかも。

ラスト・シークエンス。
キートンやチャップリンなどサイレント時代のフィルムが流れる。
実は新しくとった映像もコラージュしてあるらしい。
命を賭けたスタントシーンの連続で、もう素晴らしくワクワクする。
そこに、アレクサンドリアのように復活したロイの姿を見つけることができるか?
それは、どうやら観客にゆだねられているらしいですが、皆さんはいかがでした?

世界初の映画はリュミエール兄弟が撮影した蒸気機関車の映像。
スクリーンからこちらに向かってくる汽車の迫力に驚き人々は逃げ出したという。
それから、100余年が経ち、映画も飛躍的に進化しているけれど
あの頃と同じように 私たちに驚きや喜びや悲しみを与え、想像力を刺激し、別世界に誘ってくれる。

ああ。これもまた映画の素晴らしさを再認識させてくれた作品で幸せです

私からも 「ありがとう、ありがとう、ありがとう!」

スポンサーサイト

| - | 23:51 | - | - |

Comment

愛らしい女の子でしたね。

物語の効用みたいなものを前面に押し出したところと、
見事な映像に惚れてしまいました。

さりげない先人へのオマージュも含め、
しっとりまとまってる感じがボクは好きです。

| ひで | 2008/11/11 2:34 PM |

>ひでさん

お久しぶりです〜!

最初は歯のすきまがあいていてぶちゃいくな女の子だなあと
思ってましたが(笑)、だんだん可愛くみえてくる!
ロイとの会話で英語がたどたどしいとこあったじゃないですか。
あれって絶対アドリブの会話だよな〜と思ったり。

この映像美は絶対劇場でみるべきですね〜!

私も大好きでした!!

| Minita | 2008/11/11 10:31 PM |

Minitaさん、こんばんは。
劇場鑑賞に間に合ってよかったです。
これはもう絶対、スクリーンで見るべきですよねー。
アレクサンドリアちゃんのナチュラルさがホントに可愛かった♪
"落ちる"にはドラマがありますよね。
一見、映像主義もののようで、哲学的なテイストもあったりするところが好きー

| かえる | 2008/11/14 10:19 PM |

>かえるさん

ホント、見逃さなくてよかったです〜!
DVDで見てしまったら、感動は半減だったろうな。
そうそう、美しい映像だけの映画かと思ってましたが、
ストーリーもなかなかいいですよね。
想像の世界も現実も紙一重であんまり境界線はないのかも。
どっちもあってこそ、自分自身が豊かになっていくというか。

おもいっきりこの映画の魅力に私も落ちました(笑)

| Minita | 2008/11/15 2:22 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/282

Trackback

『落下の王国』 The Fall
物語は続く。冒険は続く。落ちても落ちても。 1915年のアメリカ、映画の撮影中に落馬して脚に大怪我をしたスタントマンのロイは入院する病院で、木から落ちて腕を骨折した5歳の少女アレクサンドリアと出会う。ターセムといえば、多くのCMを手がけ、ジェニロペ主演の

| かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2008/11/14 10:03 PM |