<< 『コトバのない冬』 @東京国際映画祭 | main | 『キャラメル』 @東京国際映画祭 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『がんばればいいこともある』 @東京国際映画祭


好き度:★★★★☆

長女の結婚式当日、夫は披露宴会場の代金をすべて競馬でスってしまい、
長男は麻薬の売買で警察につかまり・・・・次から次へと起こる問題に
頭を抱えながらも「全ての問題には解決方法がある。」と奮闘するお母さんの物語。

フランス映画なのですが、出演者はほとんどアフリカ系移民。こういう仏映画って珍しいそう。
移民社会というフランスの別な側面が見られて興味深かったです。

ヒロインのお母さんは、近所のご老人の介護とコインランドリーの経営でなんとか細々と
3人の子供たちと甲斐性なしの旦那さんを支えてるんですが・・・。
いや〜。面白くて笑いました
あまりに次から次へと問題が勃発しすぎて、お母さんが気の毒!
パニックになりながらも、なんとか問題に対応していくさまに、思わず応援したくなります。

「全ての問題には解決方法がある。」
・・・この言葉って、私も好きなんだよね〜。トラブル続きで、凹みそうになった時には
私もこういって自分を励ましたりしてるので(苦笑)
尊敬するかつての上司が、言ってくれた言葉なんですけどね。

ヒロインのお母さんもこんなにも頑張ったんだから、最後にはいいことが・・・・起こるのですが
しかし、ラストシーンもなんだかまた問題が勃発しそうな予感で終わります(笑)

パワフルなお母さんを演じたフェリシテ・ウワシーさんが今回来日。
映画の中では、「ロナウジーニョみたいな顔だなあ〜」と思ってましたが




頭はスキンヘッドで、スラリとしたスタイル。足元はショッキングピンクのショートブーツで
とてもかっこよかったです〜!

スポンサーサイト

| - | 12:23 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/273

Trackback