<< 『アクロス・ザ・ユニバース』 | main | EL PULPO@神楽坂 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『ダークナイト』


好き度:★★★★☆

「最凶」にして「最高」の映画!

強烈なアクション満載のエンターテイメントに徹しながらも、
同時に人間ドラマも深く掘り下げていて2時間半の時間があっという間でした。

諸々すばらしかったですが、やはり鬼気迫る迫力で
ヒース・レジャーが演じきった「ジョーカー」の存在がかなり大きい。

正義を貫こうとするバットマンの存在があまりにも強大なため
反作用効果としてうまれた悪の権化、ジョーカー。
互いの存在が自身の存在理由。まさに表裏一体のふたつのフリーク。

「You complete me.」

バットマンの内面の弱さや迷いを徹底的に攻め、痛めつけるジョーカーの悪意はむごく、
本当に鳥肌ものでした。
つい最近「ブロークバック・マウンテン」で、純朴なカウボーイを演じた彼を見たばかりだったので、
同一人物とは信じられないくらいのなりきりっぷりあせあせ
ジャック・ニコルソン演じる「ジョーカー」を上回る狂気を感じました。

本当に、惜しい人を亡くしましたね。
エンドロールのヒース・レジャーに対する献辞がとても悲しかったです。



私財をなげうち、自分の体も傷だらけになり、
そして、愛する人まで失うことになった。
ただ、正義のために。

諸々の業を一身に背負い、「ヒーロー」ではなく、
「ダークナイト(暗黒の騎士)」に徹して生きていことうする男の去り行く後ろ姿に
バットマンに対する監督の限りない愛情を感じました。

バットマンに対する情熱をここまでこの作品に費やした全ての人に敬意を表すべき作品。

スポンサーサイト

| - | 12:42 | - | - |

Comment

Minitaさん、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました。
ヒース、BBMのときとは声色から笑い声から表情から、全て「別人」ですよね!
私も本当に驚きました。こんな凄い役者さんだったんだ、って・・・。
映画を彩る全てに妥協が無い、素晴らしい作品だと思います!
間違いなく今年のベスト作の一本ですね。
映画館で観られてよかったです。
ではでは!

| 真紅 | 2008/08/24 11:56 PM |

>真紅さま

こんにちは!
こちらこそコメント&TBありがとうございました。

ヒースのジョーカーは本当に別人でしたね。
蛇が舌をチロチロさせるがごとく、舌を頻繁に
出したりひっこめたりするさまが印象的でした。
見ているものの不快感をあおるほどのなりきりぶりは
真紅さんも書かれているように
「俳優の命を賭した」ものだったんでしょうね。

もちろん映画としても完璧といってもいいくらいすばらしい出来で、
この後、これを越えるレベルの作品が出てくるのか
逆に不安でありますね・・・・(笑)


| Minita | 2008/08/25 12:38 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/241

Trackback

暗黒の騎士〜『ダークナイト』
 THE DARK KNIGHT  マフィアによる腐敗と暴力がはびこる街、ゴッサム・シティ。ジョーカー(ヒース ・レジャー)によって更なる凶悪事件...

| 真紅のthinkingdays | 2008/08/24 11:52 PM |