<< めんくいなもので@長野県松本市 | main | 『ぐるりのこと。』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『マッチポイント』


好き度:★★★☆☆
アイルランド人のクリスはもとプロテニスプレーヤー。
今はイギリスの高級テニスクラブのコーチとして働いている毎日。
ある時金持ちの息子トムと知り合い、妹を紹介され、めでたくゴールイン。
彼は念願だったイギリスの上流社会の仲間入りを果たし、順風満帆の日々であったが、
トムの美しき婚約者ノラと出会い、その魅力の虜となった彼の運命はすこしずつ狂っていく。

男って、ああ、男って、男って・・・・(爆)

「奇跡のシンフォニー」でその吸い込まれるような哀愁漂う瞳が印象的だった
ジョナサンを見たくてレンタル。

逆玉の輿にのり、地位も富も名誉も手に入れた男が、
非常に官能的な女性に出会い、不倫生活にどっぷりはまる。
そして、愛人の妊娠。追い詰められた男は・・・・。
と、昼メロのようなストーリーなのですが、なんと、結構面白い!!


以前はとてもよく見ていたウッディ・アレン監督作品。
しかし、だんだん見なくなり調べてみたら「私の中のもうひとりの私」以来、みてない(汗)

この監督って好きな女性を出演させて、作品中で「美しい」と褒め称えまくるじゃないですか。
ミア・ファローとか、あんまり綺麗だと思えなかったんで、辟易気味だった記憶があります。

しかし、彼は創作意欲をかきたてられる新しいミューズを見つけたのですね。
男を狂わす女ノラを演じたスカーレット・ヨハンソン。
作品中の彼女の美しいこと、そしてエロいこと・・・(笑)
たとえばこれ↓


いまどき、雨にぬれて肌にぴったりはりつく白いシャツって・・・・。
そ、そんなベタな・・・とは思いますが
男性はひとたまりもない。うん、無理もない。

ウッディ・アレン監督、齢70にして、ますますパワフルなのですね。
ちょっと嬉しくなりました。

較べて、クリスの妻、クロエがなんと平凡で退屈な女に描かれていること・・・。
上品で従順で可愛い女性だと思うのですが、
ノラと較べると圧倒的に魅力に欠けるようにみえてしまう。

裕福で何不自由のない生活。
しかし、それを失うリスクがありながらもノラとの逢瀬はやめられない。

妻には愛があるが、愛人に対しては愛欲。
それは別物といってしまう。
愛人との生活を選べば?という友人のアドバイスには
・・・そんな簡単じゃない。金持ちは癖になるんだ。

なんとまあ。正直な男なのでしょう。
であれば、もう少しうまく立ち回ってもよいのにね・・・・。

結局、想像する方向に話はながれていくんだけれど、
追い詰められた彼が最終的にとった選択には驚きました。

人生のマッチポイント。

「ネットにボールがひっかかる。
ボールが向こうのコートに落ちれば、勝ち。
こちらのコートに落ちれば、負け。」

この言葉を暗示する指輪を投げるシーンは、目が覚めるようでした。

果たして、運は彼に味方したのか、否か。
行く先を観客の想像に任せて余韻を残すラスト。

ウッディ・アレン監督の「タロットカード殺人事件」も見てみたくなりました。

スポンサーサイト

| - | 00:27 | - | - |

Comment

写真のヨハンソンさん、相当ステキ。

下記のくだりは、頭の片隅に保存させていただきます。。

>妻には愛があるが、愛人に対しては愛欲。それは別物

| bobby | 2008/06/29 1:48 AM |

>bobbyさん

完全に男目線の映画でした(笑)

スカーレット・ヨハンソン、本当に綺麗ですよね。
23歳なのに小悪魔的魅力全開です。
私の大好きなベニチオ・デル・トロとの噂もあったんですよ〜・・・。


>下記のくだりは、頭の片隅に保存させていただきます。。

何故に・・・・!?(笑)

| Minita | 2008/06/29 11:27 AM |

Minitaさん、こんにちは〜。コメントとTBをありがとうございました。
この映画のジョナサン、私結構好きだったな〜。
これはDVD鑑賞だったので、画面が小さいほうがいいのかも(笑)。
ウディ・アレンの女性の好みって、支離滅裂ですよね(爆)。
ミア・ファロー、『アーサーとミニモイの不思議な国』で久々に観たのですが、かわいいおばあちゃんになっていました。
『タロットカード〜』私も観たいです〜。
ではでは、また来ますね。

| 真紅 | 2008/06/30 11:28 AM |

>真紅さん

こんにちは!!
コメントとTBありがとうございました!

ジョナサン演じるクリスは
全然感情移入できないとんでもない男なのですが、
なぜか目がはなせませんでしたね〜。
とても人間臭いというか・・・・。

ミア・ファロー、「カイロの紫のバラ」が懐かしいです。
大好きな映画でした。かわいいおばあちゃんになってましたか〜。

確かに、ウッディ・アレンの女性の好みは理解しがたいかも(笑)
その時々の自分のコンプレックスを埋めてくれる人が
いいのかもな〜。

では、またお邪魔致します♪

| Minita | 2008/06/30 1:03 PM |

ボクはタロットカード〜よりこっちのほうが、
ウッディ・アレンらしいブラックユーモアにあふれてて好きですね。

スカーレットの役柄が頭のなかでごちゃごちゃになりますが(汗

| ひで | 2008/07/03 5:26 PM |

この映画、どーせくだらないラブコメかと思ってたんだけど、面白そうですね。

タロットカードはめっさ微妙ですが・・・・

| chuchu | 2008/07/03 5:51 PM |

>ひでさん

スカーレット、似たような役なんですか(汗)
よっぽどお気に入りなんですよね。
この作品では、
「私は男を狂わす女なの・・・。」と自分で言わせてるもんな〜。

確かに、ブラックでしたね(笑)

| Minita | 2008/07/03 10:08 PM |

>チュチュ姫さん

そうなんです。ラブコメディとはちょっと違いますね。
(でも、ある意味コメディ的要素はあるな・・・・)

チュチュ姫さんのレビューを是非読んでみたいです♪

タロット〜はめっさ微妙ですか〜。
そう言われると、見なくてもいいかなという気が・・・。
ウッディ・アレンがでてないほうがいいのかな。

| Minita | 2008/07/03 10:11 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/200

Trackback

罪と罰〜『マッチポイント』
 MATCH POINT  いわゆる「ニューヨーク派」監督であったウッディ・アレンがロンドンに舞台を移し、 BBC製作で撮った作品。スカーレッ...

| 真紅のthinkingdays | 2008/06/30 11:21 AM |