<< 『相棒 〜劇場版〜』 | main | とりあえず >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


好き度:★★★★☆

石油採掘により巨大な富と権力を手中におさめ、
アメリカンドリームを実現した男の狂気溢れる生きざまを描く人間ドラマ。

映画冒頭から神経にさわる不協和音のような音楽が鳴り響き、
スクリーン上に流れる不穏な空気は客席まで忍び寄ってくる。
突如、強烈な爆発音と共に地中から勢いよく噴出す石油はまるで黒い血のよう。
それは、プレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)の体にも降り注ぎ、
その瞬間、富と権力を約束された男の額に悪魔が降臨したかのような印が光る。
これからの彼の人生に不吉な予感を感じ、
我々はあっというまに彼のどす黒い人生にひきこまれてしまう。

それからのプレインビューはすさまじさといったら!!
利権にからみ障害となる者を、欺き、攻撃し、力でねじ伏せ、
情けを乞い跪く者を、あざ笑い、尊厳までも踏みにじる。
富と権力の高みに昇るにつれ、どす黒い感情がどんどん彼の血や肉になっていくようだ。

結果、いつしか自分の息子までも遠ざけることになる。
成人してからの息子とコミュニケーションするのでも手話通訳を介さないと不可能。
これだけ長い時間を共有しても、息子のために手話のひとつも覚えてない。
とっても殺伐としたものを感じた。

しかし、プレインビューの息子に対する愛情は確かに存在したように思える。
きっと自分でも気づいていないけれど、彼が感情を爆発させるのは
必ずいつも息子のことが関わっていた時だ。
牧師のイーライに対し、あれほどまでに憎悪をむき出しにするもの
過去に彼に屈辱的な懺悔を強制されたことが大きいと思う。
(「私は息子を見捨てた!」とか連呼させられちゃね・・・・。)

そして
ラストのプレインビューのイーライに対する咆哮。
あれほどまでに憎悪を他人に対して垂れ流す人間をみたことがない。

しかし、周りにいたら絶対関わりたくない、残酷で冷酷で猜疑心の強いこの男から、
何故か目が離せず惹きつけられる。
怒涛の感情の渦に巻き込まれ、気がついたら150分経過していたという感じ。

とにかく、ダニエル・デイ=ルイスの演技が突出しているのですが、
天敵イーライを演じたポール・ダノも素晴らしかったです。
私、本気で最大級の嫌悪感をおぼえましたよ。
だから、ラストでは少し胸のすく思いがしたのかもしれない(笑)

そして、ポール・トーマス・アンダーソン監督の演出力も凄い!
「ブギーナイツ」が結構好きだったのですが、これほど力量のある監督とは・・・!
これからの作品がとても楽しみラブ

スポンサーサイト

| - | 17:34 | - | - |

Comment

Minitaさま、初めましてこんにちは。拙記事にコメントありがとうございました。
TBを試みたのですが、反映されないようで残念です。

凄い映画でしたね。レビュー、全く同感です。
私も今までのPTAの映画では『ブギーナイツ』が一番好きでした。
才能ある監督だと思います、今後に期待ですね。
ではでは、今後ともよろしくお願いいたします〜。

| 真紅 | 2008/05/22 9:53 AM |

>真紅さん

こんにちは!コメントありがとうございます!
TBの件、失礼致しました。知らないうちに
リンクなしTB拒否設定になってたみたいです。
解除しましたので、またよろしくお願いします!

真紅さんも書かれてましたが、この作品がオスカーでも
よかったですよね。監督賞も然り。

ただ、PTA(こう略すのですね!)監督は、まだ若いので今回はコーエン兄弟に花をもたせたのでは?という記事を
どこかで読みましたが、そうかもしれないですね。
私は「ノーカントリー」よりこちらのほうが好きでしたもの。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします^^

| Minita | 2008/05/22 12:53 PM |

こんにちわ。

このプレインヴューさんって、そんんあ悪い人に見えますか?いやね、みんなそう言うんですけど、なんかそう思えないんですよね。むむむ・・・

| チュチュ姫 | 2008/06/02 9:04 PM |

>チュチュ姫さん

これほど負の感情を撒き散らす人がそばにいたら嫌です(笑)
でも、チュチュ姫さんのいうとおり、
極悪非道な人でもないかな〜。
自ら泥と油にまみれてどろどろになりながら
富と権力をつかみとったわけですもんね。
自らの野望を達成するために、軋轢なぞなんのその、
猛烈にすすんでいくエネルギーは驚嘆に値します。
そういうところにどこか惹かれるのかも。

どちらかというとポール・ダノ演じるイーライのほうが
邪悪でしょうか・・・。

| Minita | 2008/06/03 5:04 PM |

他のブロガーさんが、「プレインヴューは、自分がなぜこうも金とかビジネスに突き動かされるのか、自分でわかっていない」とか、「家族のことが弱点で、そこを突かれるとブチ切れる」などと書いてあるのを見て、多分この人は、平凡でも暖かい家庭、みたいのに本当は憧れているが、自分ができることはビジネスだけなので、いくらがんばっても本当に欲しいものは手に入らなくって、幸せになれない人なのかと思いました。

| チュチュ姫 | 2008/06/04 8:56 PM |

>チュチュ姫さん

>平凡でも暖かい家庭
確かに義理の弟(?)や息子に対してのあの感情の揺れを考えると、
心の底では欲していたんでしょうね。
それに気づいていないってところに彼の不幸があるのかな。
全てを手に入れたはずの彼なのに、
全然幸せそうには見えなかったですもんね。

未読ですが原作ではあれから独立した息子との戦いが
勃発するみたいですが・・・。
・・・どれだけ争い好きなのか(汗)

| Minita | 2008/06/05 9:52 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://minitayo.jugem.jp/trackback/179

Trackback