スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』


好き度:★★★★☆
「Knockin' on heaven's door」
余命わずかと宣告され、末期ガン患者の病棟で同室となったマーチン(ティル・シュヴァイガー)と
ルディ(ヤン・ヨーゼフ・リーファース)。
「天国じゃ、みんなが海の話をするんだぜ!」
二人はベンツを盗んで病室をとびだし、海に向かう。しかし、その車には大金が積まれていた・・・・。

死を目の前にした二人が病院の中で、塩とライムでテキーラをあおるシーンから、かっこいい!
そして、「海を見たことがない」というルディの一言で海を目指して二人は病院を脱け出すことに・・・。

失うものは何もない二人なので、手始めに車を盗み、強盗をはたらき、やりたい放題!
しかも、盗んだ車にはギャングの大金がはいっていたため、ギャングから追われるはめに。
はちゃめちゃな旅の過程はスタイリッシュに、コミカルに描かれていてとっても楽しい!
マーチンとルディを追うギャングのコンビは、まるでブルース・ブラザーズのように
どこかぬけていて、とぼけているから、さらに笑えるんだよね
警察は警察で、空回ってばっかりで、二人をなかなかつかまえることができないんだもん。
何度か激しい銃撃戦があるんだけれど、誰ひとり弾丸にあたりゃしないし〜(笑)

人生最後の打ち上げ花火のように、はじけて旅を楽しんでいるかのような二人なんだけれど、
時間はそんなに残されていない・・・そんな事実が時々影をおとすのがなんとも切ない。
死ぬ前にしたいことリストの筆頭にあげた願いをお互いがかなえてあげるところは、沁みた。

同じタイミングで死を宣告されていなかったら、友人にはおそらくなっていなかった二人。
でも、旅を続けるうち強い絆がうまれ、二人はお互いこれ以上ないってくらいの相棒になる。
海を見たことのないルディのために・・・といいながら、実はマーチンも海を見たことがなく
それを隠してかっこつけてるところが、また泣けるのよ。

ラストシーン。
ようやく二人がたどりついた海は、くすんだような色をしていて、海と空との境界があいまいな
なんだか、厳かなたたずまいだった。
あれは二人の目に映った天国かもしれないな・・・・。

男同士の友情ものには、滅法弱いです。そして、笑いと泣きが共存するところも好み。
というわけで、私のロードムービーベスト3入り決定〜

『20世紀少年』



好き度:★★★☆☆

作者自身の希望を反映したベストかつ豪華なキャスティングで、
原作の世界観はかなり忠実に描かれていて楽しかった
私としては、万丈目が石橋蓮司さんってのがツボでした。似すぎだ

子供時代の雰囲気もなんだか自分が経験した時代のように懐かしいなあ・・・。
私もおてんばでよく男の子たちと秘密の基地ごっことかしてたから(笑)

「トモダチ」によるよげんの書に基づく世界を破滅していく行動にどんどん追い詰められて
最終的にケンヂたちがたちあがる(かなり悲壮な決意で)経緯を
もう少し丁寧に描いてほしかったけれど、それはぜいたくな望みでしょうか。

しかし、原作を読んだはずなのに・・・・・
「トモダチ」が最終的に誰だったのか思い出せない・・・

第2部、第3部も早くみたいですね!

『2001年宇宙の旅』



スタンリー・キューブリック監督の不朽の名作。
この作品をDVDで初めて見たときの衝撃は、すごかった。
ストーリーは難解きわまりないのに、
映像を通して「何か」が直接脳に伝わってくる、まさに「映像が語る」作品。
絶対一度はスクリーンで見たいと切望していた映画だ。
現在、公開40周年記念のアンコール上映しているのを知り、嬉々として見てきた。

人類の祖先「ヒトザル」が第1のモノリスに触れ、
「骨」を道具として使う知恵を身につける。
やがて、敵対するグループを「骨」を武器に殺した後、
空中に高く放り投げた骨は、宇宙船に変わる・・・・。
「ツァラトストゥラはかく語りき」の音楽にのせたこのオープニングは
やっぱりスクリーンで見ると、格別。ぞくっとした。

宇宙を描いた映像は本当に美しい。
漆黒の宇宙空間に「美しき青きドナウ」の音楽にあわせて優雅に進む宇宙船。
実際にスペースシャトルから送られる映像を見られる現在でも
ぜんぜん違和感がなく見られることに驚き。
40年前の映画ですよ。アポロ11号の月面着陸より前とは。

ストーリーは、やっぱり難しい_| ̄|○

人を超越する存在、いわゆる「神」はいるのか?
宇宙の果てには何があるのか?
そもそも人類は何のために生まれてきたのか?

考えても、答えなんてでやしません・・・・。

しかし。それより何より。
この素晴らしい映像美をスクリーンで体感することに意義あり。

「Don't think. FEEL!!」 

『虹の女神』


好き度:★★★☆☆

映像制作会社のADとして忙しい日々を送っている智也(市原準人)は、
ある日、大学時代の親友あおい(上原樹里)が、
航空機事故でアメリカで命を落としたという連絡を受ける・・・。
突然の訃報にとまどう智也は、彼女といた大学時代のことを思い出す。

『市原君出演作品、全部見てみようプロジェクト』第1弾(勝手に命名)

8ミリ映画に対する愛情と成就しなかった切ない恋。

智也とあおいが出会い、大学時代を一緒にすごしたのは映画制作研究会。
予算も少ない中、機材やフィルを買うお金を捻出して、
ただ、8ミリ映画を作ることに情熱をそそぐ日々。

あのときはどれだけかけがえのない時間をすごしているかを
気づくことはできなかった。

あおいの追悼の席で、彼女が自分で監督した8ミリ映画をみんなで見ることになる。
スクリーン上のゆらめく光の中で空をみあげる彼女の横顔の美しいこと。

屋上での遠まわしなあおいの告白。
未熟さゆえに彼女の思いを受け止めきれない智也。
不器用な二人の思いはどこまでも交わることなない・・・・。
手が届きそうなのに届かない、まるで虹のように・・・・。

そして、

あおいが死んだことが現実と認識できなかった智也が
かつて自分が他の女の子へのラブレターをあおいに代筆してもらったその裏に、
自分への思いが綴られているのを読む。
そして、初めて彼女の死を実感し、泣くのだった・・・・。

手元から失った時に気づく。どれだけ貴重な大切なものだったかを。

詩情豊かな美しい映像は岩井俊二監督作品のような印象をうけましたが、
なるほど、製作に加わってたんですね。

市原君は、優柔不断で受身で情けない現代っぽい男の子を無難に演じてました。
少し低めの声と、くしゃっと笑う笑顔がなんとも可愛い!
ラストシーンであおいのまっすぐな思いを知って泣くところはよかったです。

しかし、何より上野樹里が抜群に素敵。
「ラスト・フレンズ」も役のはまりぐあいにびっくりしたけれど、
ちょっとボーイッシュでぶっきらぼうだけど、
根は優しい女の子を演じるのがとっても上手ですねぇ。

『ノーカントリー』


好き度:★★★☆☆
「No Country for old men」
麻薬の取引現場から200万ドルをネコババした男。その男を執拗に追う殺し屋。
男をなんとか助けたい年老いた保安官。とことん怖い追跡劇です。

やはり、殺し屋役のハビエル・バルデムの怪演ぶりが光りました。怖いのなんのって・・・。
(しかし、おかっぱ頭はやはりユーモラスではありましたわーい

家畜を屠殺する銃をつけた酸素ボンベを持ち歩いて、いとも簡単に人の額を打ち抜く。
しかし、殺しそのものの場面が怖いのではなく、殺すまでの時間が異様な緊迫感なんです。
私、最初から最後まで緊張しっぱなしで、終演後は異様に肩がこってました(苦笑)

なぜに、こんなに恐ろしいのか。
それは、彼の考えていることがまったく理解できないから。
何を規範として生きているのか?なんのために殺し続けるのか?
殺すの?殺さないの? ギリギリまでまったく読めない。
法律や世間一般の常識を超越していて、
お金のために殺すのでもなく、かっとなって殺すでもなく、
かといって殺しに快楽をおぼえるサイコキラーでもなく。

人は、理解不能なものを前にすると不安を抱き、
なんとか、自分達の理解できる言葉や符号でカテゴライズして安心しようとする。
しかし、時として、そんな試みがまったく通じないことがものがあると思い知らされる。
それこそが、最大の恐怖。

「考えていることがよくわからない犯罪者が増えた」保安官の嘆きは、現代社会の苦悩であり、
殺し屋シガーは、現代社会が抱える恐怖そのものなのでしょう。

原題「No Country for Old Men」
古きよき時代の常識を持ち合わせている人々には、もはや現代の国には居場所がないってことかな。

綿密に計算されつくした映像はすばらしく、ひとつひとつに重要な意味があり
まばたきできないくらいの集中力を必要としました。
コーエン兄弟を絶賛する人の気持ちが初めてわかったような気がします。

まず、最初に保安官補を絞め殺すシーンでやられました。
首を絞めて、窒息し、絶命するまでの延々とみせるわけです。
床に残されたもがき苦しむ保安官補の靴が擦れた跡をクローズアップして、
殺しの残忍さを改めてみせつける。震え上がりましたよ。

物語は不条理そのもので、ラストも「え?ここで終わるんかい!」と突っ込みました。
私の好きなテイストではなかったです。

ただ、「あれはどういう意味だったのかなあ〜」と解釈できない点が多々あり、
しばらくこの映画が頭から離れないと思います。
ある程度、解釈がまとまった時点でまた感想を書いてみようかと鉛筆2
でも、そういう試みをすること自体が無駄な映画なのかという気もする。

| 1/1PAGES |