スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ダイアローグ・イン・ザ・ダーク

「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク」というイベントに参加してきました。
公式HPはこちら → 

8名ほどのグループで、完全に真っ暗闇の空間にはいり、色々なことを体験する
約90分のツアーで、グループの先導役として視覚障害をもつ方が1名つきます。

数年前に直島へ旅行へ行った時のこと。
直島の家プロジェクト、南寺(お寺の跡地に安藤忠雄氏が設計した建物)の中に、
ジェームス・タレル氏が制作した「Backside of the Moon」という作品があります。
建物の中にはいると最初は鼻をつままれてもわからないほどのまっくらやみで、
椅子にたどりつくのもやっとなのですが、
座って10〜15分ほど経つと、前方にぼんやりと四角の光が見えてくるという作品。
ほんの微かな光をとらえることができる人間の視覚能力にいたく感動した覚えがあります。

しかし、今回は完全な暗闇。いくら時間が経っても何も見えてこないのです。
視覚以外の感覚に頼るしかない世界は一体どんなものなのか・・・?

まず、最初に各人に白杖が渡され、それを使いながらツアーが始まります。
使ってみて初めてわかるのですが、白杖って本当に使い勝手がよくて、重宝するのですよ。
地面は平らなところばかりではなく時には、ごつごつしていたり、
ふかふかでやわらかかったり、はたまた、川にかかっている丸太橋を渡ったり。
ちょっと先がどのようになっているか白杖で確かめることによって、
自分の動きを決めることができるのです。

もちろん、最初は一歩歩くだけで怖い。方向がわからないし、人との距離がわからない。
視覚からの情報がないだけで、こんなに心もとないものかと。
みんなでお団子状態になりつつ、おそるおそる進んでいくのですが、
暗闇のエキスパート、アテンドの方の「皆さん、こちらですよー!」という声の
なんとなんと頼もしいこと!!

しばらくたつと、暗闇にもなれ、少しずつリラックスしていきます。

音を集中して聴いたり、空気の温度が変わるのを感じたり、草木の香りに気づいたり、
視覚以外の自分の感覚がとぎすまされて、いつも以上に敏感になります。

そして、何より楽しいのが初対面同士なのに、いつもより早くうちとけられること。
だって、一人じゃとてもじゃないですが、前に進めないので、自然と声をかけあうように。
「こっちは行き止まり」「段差があるから注意してくださいー。」
「背が高い人は,この入り口ちょっと低くなっているから頭ぶつけないでね。」などなど。

声、だけなんだけれど。その人がどんな人なのか、次第にわかってくるのが不思議。

そして、全員で移動しつつ、いろんなことをやってみるのですが、
日常生活ではいとも簡単にできることなのに、結構時間がかかったりするの。
手紙を書いたり、ボールで遊んだり。これがかなり楽しいです!

最後には「くらやみカフェ」で休憩。飲み物を頼んで、お金のやりとりする。
みんなコーヒーなど頼んでいましたが、私と友人はもちろんアルコールで。

私はビールを頼んだのですが、いつも飲んでいる銘柄だと思っていたら
全然違っていました(笑)案外、自分の味覚はあてにならないなあと思った次第・・・。

終わってみて。

確かに、視覚は制限されるのだけれど、それ以外の感覚がいつもより
フル回転するのを感じます。
あらゆる情報をインプットしようと、自分の本能が覚醒されるというか・・・。
また、他人とコミュニケーションをとることの大切さを改めて実感することにより、
変にガードが固くなっている自分の気持ちがより解放されるのですよね。
世界がより広く、より自由に感じられるのが自分にとっては新鮮でした。

本当に面白いイベントだったので、何人か友人を連れて
また体験しに行きたいなと思います。

「FBB復活 ガース柳下&ウェイン町山」&「町山智弘のアメリカ映画特電」ライブ!

先月、新宿LOFT/PLUS ONEにトークイベントなるものに初めて行きました
普段、PODCASTで愛聴している映画評論家の町山さんの

生の話が聞けるということでワクワク!
あまり大々的に告知はされていなかったし、前売り券も発売されていなかったのですが、
当日は立ち見がでるほどの大盛況!さすが人気者なんだね。圧倒的に男性が多かったです。
4時間にもわたる内容の濃い熱いトークでした!

めちゃめちゃ面白かったです!

以下内容を・・・・。

◆「漫画実話ナックルズ」の公開インタビュー◆

トークイベントの前に、インタビューがはいっていたらしいのだけれども、
「雑誌のインタビューってどういう風にやるのか、みんな見たことないでしょ〜。」

といって わざわざ壇上でやってくれたのでした(笑)
町山さんの最近注目の漫画はヤングマガジンの「喧嘩商売」だそうです!
本が売れない出版業界は今後、どうしていけば・・・?との質問に、
「大手出版社の編集者を実力第一の歩合制にすればいいんだよ。

だいたいあいつらは給料もらいすぎだ!」
と、話しているうちに徐々に怒りがヒートアップしたようで(笑)
なんかね、ろくな仕事をしていないのに年収が1000万円超な編集者が多々いるらしく
かたや作家は、一部のベストセラー作家を除き、

仮に直木賞をとっても5万部がせいぜいで、翌年はもっと部数は減るらしく。
年に長編小説を1本か2本かけたとしても、印税収入は数百万円だから、
あまり平均的なサラリーマンと収入は変わらないとの話にびっくりでした。
作家より編集者のほうが収入がはるかに高いなんて、なんか・・・・不思議。

そして、相棒の柳下毅一郎氏が登場し、トークイベント開始。
「あんにょん由美香」を観たばかりだったので、「あ〜。柳下さんだ〜。」と!
町山さんは、ポッドキャストでしゃべっているのと同様に

ハイテンションでしゃべりまくり!
そこに、柳下さんが落ち着いたかんじであいのてをいれるのが、

うまくかみ合っていました。


◆アメリカ映画特電:お勧め新作紹介◆

 悒屮襦璽痢戞BRUNO) 
◆悒供Ε魯鵐哀ーバー』(THE HANGOVER)
ちょうどひどい二日酔いだったので、なんだかシンクロ。
バチェラーパーティーでさんざんよっぱらった男どもが翌日目が覚めたら、

大変なことに・・・。というようなコメディ映画なようですが、公開が待遠しい!

ところで、男性ってどうして「チ○コ」とか「ウ○コ」という言葉が

好きなんですかね(笑)
小学生の時から大の大人になってもずっと同じじゃない?七不思議のひとつであります。
今回、町山さんもハイテンションで「チ○コ」を連発しており、なんだか笑えました


◆アメリカ映画特電:トラウマ映画紹介◆

実際に映像を見ながら、柳下さんと町山さんのトラウマ映画を解説してくれました。
中には海賊版でしか手に入らない貴重な作品もあり・・・。

〔下さんのトラウマ映画:『恋人たちの曲/悲愴』(THE MUSIC LOVERS)
ケン・ラッセル監督のチャイコフスキーの自伝的映画。
彼自身がゲイだったため、愛してもらえず気が狂ってしまった奥さんが

精神病院にはいったり、チャイコフスキー自身も自ら生水を飲み、コレラに罹り、
熱湯風呂にいれられ死んでしまうという最期をとげる。
どこまで史実に基づいているのかわからないけれど、
チャイコフスキーの音楽が好きだからという理由でうっかりみてしまうと

後悔するはめになるそう(笑)

¬下さんのトラウマ映画:『早春』(Deep End)
15歳の少年が年上の女性に初めての恋をし、その想いがだんだんと異常な方向に・・・。
彼女の等身大の立て看板(?)を持って帰り、

その看板とプールの中で抱擁を交わすというシーン。
映像は美しいのだけれど、かなりショッキング!
主演の少年は当時人気者でいわゆるアイドル映画として撮られたらしいのだけれど、
アイドル映画の域を超えているよ!
私も、子供の頃に見ていたら、おそらくトラウマになっている映画でした・・・。

この作品を撮ったイェジー・スコリモフスキ監督って、

俳優としての活躍が最近は多いらしく、記憶の新しいところでは

「イースタン・プロミス」でナオミ・ワッツの伯父さん役をしていた人。
と思いきや、17年ぶりに映画を撮り、昨年のTIFFで話題になった

「アンナと過ごした4日間」の監督でもある。
映画祭では見逃したけれど、10月に公開がきまったようなので、みなきゃ!

D山さんのトラウマ映画:『ヤコペッティの大残酷』 (Mondo Candido)
純朴な青年が、世界を旅をし、さまざまな現実の残酷さを目にする・・・・。
これもへんてこりんな映画だったな〜!スペインの宗教裁判での拷問シーンなども、
なんだか楽しげなミュージカルシーンになってるし・・・。
当時、「世界残酷物語」などが大好きだった町山さんが、

「いったい、どれほど残酷なんだろう〜!」
と胸躍らせて観たものの、全然残酷ではなかったというのがトラウマだって(笑)


◆吉田豪氏、映画秘宝 田野辺氏、登場◆

よく知らなかったのだけれど、吉田氏はかなり有名なプロインタビュアーなんですね。
今映画界を揺るがす『くらたま事件』の内情(?)や、
絶対メディアには書けない芸能ネタを披露してくれ、面白かった〜!!
「絶対ネットにかきこんじゃだめだよ!」と再三念を押されましたが、
念を押されてなくても、凄すぎて書けませぬ〜。


◆アメリカ映画特電:旧作紹介◆

『永遠の愛に生きて』(Shadowlands)
ここから、さらに町山さんの熱をおびたお話を聞けました。
アンソニー・ホプキンス主演映画で、作家でかつ大学教授である主人公の男が、
ある女性と知り合って、とまどいながらも恋におちるという話だそうですが、
名優といわれているアンソニー・ホプキンスは、実は同じような役しか演じていないそう。
「日の名残り」もそうでしたが、自分の世界を頑なに守って

ある程度まで年を重ねてきた男が、ある時、その世界観を打ち破るような女性と出会い、ショックを受け、変化していく役ばかりだと。「羊たちの沈黙」も然り。
このお話は、ポッドキャストで配信されると思うので、興味ある方は是非〜!
自分でもかなり理解しているつもりでも、
町山さんの解説を聴くとさらに新しい視点から見られて、

より深く映画を楽しめるんですよね。


◆平山夢明氏登場◆

町山さんをして「平山さんが登場したら全部もっていかれるからな〜」と言わしめたお方。
ホラー作家であり、映画評論もし、映画監督もされるらしい。
精悍の体つきのかっこよいおじさまでした!
平山さんのトークも、めちゃくちゃ面白くて終始笑いっぱなし〜。

講談社の100周年記念で作品を書くということででる取材費で、

この秋にアメリカに行くそう。
その行き先というのが、「KKKの街」と「死体農場」だと(笑)
気の進まない町山さんを、通訳として強引に連れて行くらしい。
「死体農場」って、ケイ・スカーペッタシリーズでもありましたが、
死体をいろんな状態におき、その腐乱状況を記録するための施設で、
これにより、死体の腐乱状況で死後およそ何時間かわかるように研究をしているらしく。
平山さんはそこにいって、体を緑色に塗ってゾンビに変装し、

死体と並んでみたいと・・・・。
こういうお話を子供のように嬉しそうにハイテンションでしゃべりまくっていました。
お二人の珍道中の話も聴いてみたい、というか、むしろ同行したい!
・・・しかし、どんな小説ができるのでしょう・・・

とまあ、パイプ椅子だったので、お尻が痛くなりつつも、非常に楽しい時間でした!
また機会があったら、逃さずいきたいですね〜

東京国際映画祭

 東京国際映画祭が今週末から始まります。

映画祭事務局にいるお友達に昨日差し入れをしにいってきましたが、ヒルズの49Fなんて初めて!
エレベーターに乗ると耳がキーンっとなります。
オフィスは準備段階の佳境というかんじで、お祭り前のいい緊張感が漂っていました。
(いや、実際働くとなると大変だと思いますが・・・笑)
友達もいまは16時間ぐらい毎日働いているとか・・・。

色々お勧めも聞きつつ、今回見る作品を整理。
(全部行けるかどうかはわからないけれど・・・・。)

「THE CODE/暗号」(日本)
「コトバのない冬」 (日本)
「フェデリコ親父とサクラの木」 (スペイン)
「キャラメル」 (フランス・レバノン)
「buy a suit」 (日本)
「ダルフールのために歌え」 (スペイン)
「クスクス粒の秘密」 (フランス)
「ハッピー・ゴー・ラッキー」 (イギリス)
「パブリック・エナミー ナンバー1」 (フランス)

日本の作品と、「キャラメル」以外は日本公開が決まっていない作品だそう。
「パブリック・エナミー ナンバー1」は、友人いわく「むちゃくちゃ面白い!」そうなんですが、
なんせ、上映時間 
4時間
そのため、配給先が決まらないそうですが、主演は
イースタン・プロミスで印象的だったヴァンサン・カッセル。
その他、フランスのスターが総出演な作品なんだそう。
しかし、4時間って・・・・。「風と共に去りぬ」以来でしょうかね。

「buy a suit」は市川準監督の遺作となりました。これも面白いとのこと。

普段見られない映画に浸れる芸術の秋ですね

エミリー・ウングワレー展@国立新美術館

先週末、巷でとても評判のよいエミリー・ウングワレー展に行ってきました。

国立新美術館に行く途中、ヒルズ横のバナナ・リパブリックで「SALE」の文字を
目にしてしまい、フラフラと・・・・。
可愛くて着まわしのきく服が多いから好きです。しかも30%OFF!
いろいろ見ていたらなんと1時間以上も過ぎてました・・・。
衝動買いは危険(泣)

予定時間より大幅に遅れて国立新美術館に。

アボリジニが生んだ天才画家 エミリー・ウングワレー展

点描や線を使ういわゆる抽象画なんですが、
彼女が描いているのは一貫して故郷のアルハルクラ。
そして、アボリジニの部族に太古から伝わる「ドリーミング」なんだそうです。

「ドリーミング」とは、先祖から伝わる神話、伝説、掟を表す言葉で、
アボリジニの精神世界の核となる概念。
精霊が宿るといわれる植物や動物もドリーミングと呼んでおり、
個人にも集団にもそれぞれのドリーミングがあるそうです。
彼女は特にヤムイモを自分のドリーミングとして多く描いてました。

この人は生涯、オーストラリアの砂漠で過ごし、近代美術との接点はまるでないそう。
でも、色使いはとても綺麗で、洗練されていて、同時に、土臭いエネルギーも感じるんですよね。
しかもキャンバス画を描き始めたのは78歳の時。
86歳で亡くなるまでになんと、約3000〜4000点もの作品を完成させたそうです。

テレビで見たのですが、荒涼とした大地の上にキャンバスを広げ、
地面にじかに座って思うがままに筆を動かすのが彼女のスタイル。
自然からうけるインスピレーションをそのままキャンバスに写しとっていくように見えました。

こういう圧倒的な作品を見ると神様ってやっぱりいるのかな〜と思います。
自分のメッセージを我々人類に伝えるために、一握りの人にその才能を与える。

彼女の作品からは大地のエネルギーをとても強く感じます。
こちらまで力がみなぎってくるような不思議な感覚。

元気のない時に行くと、確実に元気になれる(笑)

英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展@森美術館

映画までの時間があったので、
英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展@森美術館に行ってみました。

絵やオブジェだけでなく映像を使った作品もあってなかなか楽しかったです。

特に好きだったのは「正当化された罪人の告白」(ダグラス・ゴードン作)
映画「ジキル博士とハイド氏」の映像を二つの画面に投影し、
画像の白黒を反転(?)するなど様々な編集技術を駆使して、
境界線があいまいとなった善と悪の間で苦悩する人間の姿を描いた作品。
くるくるかわる表情が面白くて、ず〜っと見てました。

ただ、今回の目玉とされている
「母と子、分断されて」(デミアン・ハースト作)は、個人的には大嫌い。
こういうのを芸術という感性は、私にはないな。
・・・無粋と言われてもそれで結構。

作品の写真はこちらで見られます⇒

| 1/1PAGES |