スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Universal Studios Japan @大阪

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきました〜! 4年ぶりかな。

『マジカル スターライト パレード』
スヌーピーやハローキティなどの人気キャラクターはもちろん、
「アラジンと魔法のランプ」「シンデレラ」「不思議の国のアリス」などの物語をテーマにした
37台ものフロートが登場! そのどれもイルミネーションが素晴らしく美しかった〜!
USJの今までのショーの中で最高だと思う。

 
  

後は、『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』
座席の頭部にあたるスピーカーから流れる音楽を聴きながらジェットコースターなんて?
となめていました。が。
なかなかどうして!めちゃめちゃ楽しい〜♪
ドリカムの「大阪LOVER」を聴きつつ、下界に広がるライトアップされたパーク。
しかもアップダウンがかなり激しいので、スリルいっぱいでハイテンションになります!

他にも「スパイダーマン」「ウォーターワールド」「ウィケッド」などの人気アトラクションは押さえつつ、
天気にも恵まれ、満喫いたしました〜。

夜は、大阪の友達とひさびさに野田で飲み。
普通の居酒屋なのに、はもと梅の冷製カッペリーニなんてメニューがあり、またこれが美味!
大阪の食はいいな〜、やっぱ。
みんな、久しぶりなのに、ブランクなどないかのように話せるのは不思議。
楽しすぎてやはり深酒の夜〜。

どこかに行ってみる?

これ見たら、無性に旅飛行機に出かけたくなりました。




Where the Hell is Matt?


Matt君が旅している場所が、結構行きたいところだったりするわ〜。
ダンスも音楽もどこかちょっと不思議な香りがしていいね。

めんくいなもので@長野県松本市

さてさて、松本に来たので蕎麦でも食べようか〜!という話になり
旅館の人に聞いた有名なお蕎麦屋さんに行きました。

・・・・ん〜。なんだか普通な味だ・・・。

麺好きなのですが、私、いまいち蕎麦の美味しさがよくわかりません。
ここのお店も蕎麦自体はおいしいですが、めんつゆはなんだか甘ったるいし。
食べていて途中であきるんですよね。

お蕎麦屋さんを出た後、
私 「もう1軒食べたいな〜・・・。まだ美味しい蕎麦屋がある気がする!」
友達「・・・ぇぇぇええ〜!? まだ食べられるの?」
私 「うんるんるん

とりあえず、しばらくしてからもう1軒蕎麦屋に行くことにしてとりあえずお茶ホットコーヒー (オイ!)

松本ホテル花月 のカフェへ。
こちらは松本の民芸家具が使われていて、落ち着いた雰囲気でした。


その後は、町を散策。昔ながらの蔵を利用した雑貨屋さんなどが立ち並び、
いろいろ見て回るのが楽しいですハート

そして、見つけました!美味しそうなお蕎麦屋さん♪
入り口に黒板がおいてあって
「本日の蕎麦 開田高原そば 一口めは塩でお試しください」と手書きの文字。
塩で食べさせるってことは相当自信があるお店なのねひらめき

蕎麦倶楽部 佐々木

一見カフェかと思うような洒落た内装のお店でした。
残念ながら、あたたかいお蕎麦は終わってしまったとのこと。

とりあえず、お蕎麦の前に地酒を飲もうと。
おつまみに自家製燻製の盛り合わせを。(とりもも肉、とりむね肉、鴨、チーズ、レバー)
この燻製がとっても美味しい時点で、この店、あたり!と思いました。

私はもりそばを注文。友達は「とても一枚は食べられない・・・」とそばがきを。

お蕎麦は開田高原産の9割そば。お塩(岩塩かな?)をつけて一口目はいただきます。
9割そばってぱさぱさして美味しくないという偏見を持っていましたが、

蕎麦の香りがよく感じられて美味しい〜!!!! 塩だけで半分ぐらいいける!

そして、つゆは上品なだしがきいていてこれまたいいお味です。
蕎麦を食べて感動したのは初めてかも!!松本に行った際にはお勧めですペコちゃん

ところで、友達が注文したそばがきなのですが、なんとどんぶりででてきました(笑)
私 「これ、そば一枚分は確実にあるよ・・・・?」
友達「・・・こんなに大きいとは思わなかった・・・(絶句)」

お店の壁には、オペラの写真が飾ってありましたが、この地域では年に1回、
クラシックの音楽祭があるそうです。

サイトウ・キネン・フェスティバル松本

小澤征爾氏がタクトを振るということで、かなり人気があるみたいですね。
オペラ見たことないから、一度行ってみたいな〜。

水玉アート@長野県松本市

2日目は松本に移動し、松本市美術館へ。

先日、直島に行った際に巨大かぼちゃがとっても印象的だった
草間彌生さんは実は松本市の生まれで、こちらには常設展があるのです。

いきなりエントランスに巨大水玉チューリップが出現!!






『幻の華』

・・・大迫力です。

展示室には最初期の鉛筆画や、最近のコラージュを使った作品など幅広く楽しめます。
私は特に空間を利用したインスタレーションが面白かったです。
『鏡の通路』という作品は、ドアをあけて細長い部屋にはいると左右の壁と天井が一面鏡。
赤地に白の水玉の布で作られたニョロニョロ(ムーミンにいましたね)のような
オブジェが無数におかれています。
水玉ワールドに立つ自分が合わせ鏡の中で繰り返し無数に映し出される不思議な空間。

以前、テレビでインタビューを拝見した時に、
とにかく作ろうと思って作品を作るのではなく、何かに突き動かされて手が動くと。
まだまだ表現したいものが次から次へとあふれてしょうがないと、
熱にうかされるように話し続ける彼女はまるで少女のように見えました。

幼少期から常に幻覚と幻視に悩まされ、
自分が水玉にうめつくされてしまうという恐怖感が常にあったそうで、
それが作品にも表れているのですね。
キャンバス一面に描かれる水玉は、並みの集中力では描ける代物ではないですもん。
そんな草間さんの精神世界が垣間見られるとても面白い美術展でした。
草間さんの作品が好きな人には一見の価値ありです。

そして、目立たないところに何気なくおかれてるえらく目立つ赤白水玉の自販機。


左下のところには、草間さんの直筆サインがかかれてました(笑)
草間さんのデザインなのかな?

よくよくみると最上段の缶も赤白水玉(驚)

・・・非売品です(笑)



ワイナリーツアー@長野県塩尻市

週末を利用して、長野県塩尻市に行ってまいりました。
今回の旅の目的は、国産ワインをいっぱい飲みにいこう!です(笑)
「ウコンの力」を飲んで準備万端です。

新宿よりあずさで約3時間弱。ワイン好きの友達と塩尻駅で正午に合流し、早速ランチに!

近くには葡萄畑がいっぱいです。


地元産の食材にこだわったイタリア料理『アルセーバ』にお邪魔いたしました。
新しくできたばかりのお店らしいのですが、なんと満席!
しかし、幸いにもカウンター席のキャンセルがでて、無事に食事にありつけました。

少量生産のため、ほとんど完売してるらしい城戸ワインを友人が飲みたいと・・・。
すると出してくれました〜!!


すっきりとした飲み口の白ワインで、とっても飲みやすかったですワイングラス


私はサーモンとアスパラのクリームパスタをオーダー。
この他に地元産のお野菜を使ったサラダもたっぷりついていてどれも美味しかったです。
使用されている食器も全て地元の陶芸家の作品とのこと・・・・。
こんなお店、近所にほしいなあ・・・・。

満腹となったところで、てくてくと歩きつつ1軒目のワイナリー、信濃ワインへ。


5本程、試飲させてもらいました。

中でも龍眼種のぶどうを使った白ワインが、結構好みだったので購入。
龍眼とは中国産のぶどうで、明治時代に日本にはいってきたそう。
聞いたことがなかったんですが、やや辛口で、かつフルーティで美味しかったです。
このあたりの葡萄は2004年があたり年。
でも2004年ものはほとんど売り切れで手に入りませんでした(泣)
その後、地下のワインセラーを見学。
うす暗くひんやりとしたセラーの壁一面にはワインボトル。
中には50年前のワインも貯蔵してありました。
これは、まだ飲めたりするみたいですが、どちらかというと歴史的価値のために保存してあるそう。
床にはワインがはいっている樽が一面ずら〜っと並んでおり、壮観でした。
樽はフランスから輸入しているそうです。

2軒めは五一ワイン。


ここでは、なんとぶどう畑もみせてくれます!


ようやく実になりかけというところ(笑)

ぶどうってこういう棚で栽培されるのですね。
私の身長(166cm)でちょっと頭をかがめるくらいの高さ。
畑の土は、とてもふかふかです。
ここでは、シャルドネ種、ピノ・ノワール種、コンコード種、メルロー種、
ナイアガラ種、カヴェルネ・ソーヴィニヨン種など、
およそ聞いたことのある全種類のぶどうが栽培されていました(驚)

後、知らなかったのですが、あの貴腐ワインというのはこういうぶどうからできるそうです!

(写真の写真・・・。)
どうみても腐ってるぶどうにしか見えない。
一面貴腐菌に覆われたぶどうはこんな姿になるそうです。
しかし、これで糖度50%以上ものぶどうができ、あの甘美なワインになるのですね。

ここでも試飲を5本ほど。ランチで1本空けているため、だんだんいい気分に(苦笑)
さすがに、10000円以上は軽くする貴腐ワインの試飲は無理でした・・・

3軒目は井筒ワイナリー。
ここでは、冷蔵庫にはいっているものは自由に自分で試飲可。
棚にあるお高めのワインは有料で試飲ができます。
既にワインを数本購入していたので、現地での購入は断念。
ネットショップでも買えるということなので、パンフレットのみいただきました。

その後は浅間温泉に移動!
温泉にゆっくりつかり旅の酔い疲れを癒した後は、
またもや買ってきたワイン&チーズを堪能・・・。ああ。至福。

今回、自宅用に持ち帰ったワインはコレ↓


左:「氷菓の雫」 
   甘口のアイスワインです。ナイアガラ種&コンコード種ブレンド。
   ほんのり甘くて女子は絶対好きな味です。(五一ワイン)

右:「スーパーデラックス竜眼」
   辛口かつフルーティーな白ワインで、和食でもOKなかんじです。(信濃ワイン)

というわけで、2日目に続く・・・。

| 1/1PAGES |