スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

いのうえ歌舞伎 壊Punk「蜉蝣峠」@赤坂ACTシアター



劇団☆新感線の「蜉蝣峠」に行ってきました!
初めて見たのですが、人気がある劇団なのは納得です。すごく面白かった

今回はクドカン脚本で、客演が堤真一、高岡早紀、梶原善、勝地涼、木村了。

テレビより、クドカンの脚本はさらに壊れている印象(笑)
最初のあたりのシモネタな雰囲気は、受け入れられる人と受け入れられない人の差が
あるんじゃないかな。
・・・ちなみに私は、面白いからOKでした
(あ。でも 一部、痛そうで軽くひいたところあった・・・。)

前半は笑いがベースですすめられるんだけれども、後半はだんだん切ない展開に。
やっぱり、笑いと哀しみを両方描けるクドカンは好きだな〜と思いました。

舞台装置はお金かかっていてびっくり!上手と下手の家がスライド式に動かせるし、
スクリーンを多用した演出は見事だなあ〜と。
例えば回想シーンで、過去の出来事を映像で流したり。
そのことによって、残酷なシーンなのに、美しく思えるほどで・・・。ライティングもよかった!!

役者の面々。

主役闇太郎役の古田氏は、いうまでもなく上手い!足が結構細くて筋肉質でドキッとしました。
最初、ぬ〜っと無言で登場するだけで笑いとってましたよ。
後、テレビでよく見ていた橋本じゅんさんも、生で見られてサイコー!
歌もなかなかうまかったし、間のとりかた抜群!ず〜っと笑いっぱなしでした。
3人の親父でやったPerfumeもどきの「ヤクザ イン ヘブ〜ン♪」は、
またまた思いきりツボにはまって笑いがとまらず・・・・。

客演の堤さんの着流し姿はうっとりするくらい色っぽく。背がとっても高くて素敵なの!
ラストの古田氏との殺陣は、かなりの迫力で、目が離せませんでした。
・・・しかし、もう一役が笑撃!! ○○○の着ぐるみですよ〜!
動物タレントの悲哀を切々と関西弁でしゃべくりまくる姿は、とても二枚目俳優だとは思えず。
一緒にいった友達は、最初堤さんとは気づかなかったそうな(苦笑)

若手イケメン俳優として人気上昇中のダブルりょう君も、とても美しく芝居もかなり見せるし、
なんと目の保養〜
勝地君は「少年メリケンサック」でもヘタレな男の子役を好演してましたが、
この舞台でも「男」か「女」かよくわからない役どころを軽快にテンポよく演じてました。
木村了君は、テレビドラマではオトメンのイメージが強かったですが、
凛々しく、かなり舞台映えするんだよね。

幕間もいれて約3時間の舞台、堪能いたしました〜!秋公演も行きたい。
客演は、堺雅人と上川隆也ですもの・・・・見たすぎる。しかし、チケットとれるのかな?

赤坂サカスの夜桜もほぼ満開で楽しみながら、
芝居の余韻に浸りつつ飲み〜。またもや終電逃すところでした・・・・。(セーフ!)

「in-i」 @シアターコクーン



フランス映画祭の団長として来日したジュリエット・ビノシュの舞台公演。

「in-i」とは「Inside-I」(心の中)の省略形とのこと。
男女が出会い、恋におち、やがて、諍いがおこり、傷つき、離れ、そして再び愛を確かめ合う。
男女のさまざまな愛の場面が描かれます。

コンテンポラリーダンスが中心のもっと難解で抽象的な舞台かと思っていたのだけれど、
パントマイムや芝居的要素もあり、ストーリーは非常にわかりやすく楽しめました。

舞台装置は、白い大きな壁と椅子2脚のみといういたってシンプルなもので好み。
白い壁は二人が情熱的に愛し合っているときは赤色に、
冷めてしまっている時は青色にライティングによって変化し、二人の心の動きを表現していました。



アクラム・カーンは、コンテンポラリーダンス界で、人気のダンサー兼振付師らしく
そのダンスはキレがあり、テンポがおそろしく速い!!
ダンス経験があんまりないジュリエット・ビノッシュも、彼にぴったり動きをあわせている。
キレこそないものの、その動きがとってもやわらかく、女性らしい魅力にあふれていて素敵



彼と喧嘩し、傷ついたビノシュが壁にぴったり貼り付けられ(足が宙に浮いた状態)、独白するシーン。
彼に対する気持ち、愛なのか憎しみなのかわからず、身動きがとれず、切々と語る女心。
声の抑揚や表情が素晴らしく目が離せなかったです。
しかも、彼女が張り付いたまま、徐々に壁がステージ前方に迫ってくる演出にはびっくりしました。



ぜいたくをいうならば、英語ではなく、フランス語で演じて欲しかったかな〜。
ともあれ、素晴らしい表現者としてのジュリエット・ビノシュを堪能できました。

今回のフランス映画祭は、「愛」に溢れた作品を色々鑑賞できましたが、
最後にこの素敵な舞台が見られて本当によかった〜!フランス、満喫〜

『欲望という名の電車』@東京グローブ座


ドラマ「SP」で気になった北村有起哉氏を観たくて久しぶりに観劇。
「欲望という名の電車」 
タイトルだけは知っていたけれど未見で、何も情報がないまま見ました。

舞台は1950年代のアメリカ、ニューオリンズ。
かつては南部のお金持ちであったが、南北戦争後、没落した家の女性ブランチ(篠井英介)が主人公。
彼女はある夏の日に、突然妹であるステラ(小島聖)の前に現れ、彼女の家に居候することになる。
ステラの夫、スタンリー(北村有起哉)は、ポーランド系で粗野で生命エネルギーあふれる工場労働者で、
彼の粗忽な振る舞いは、ブランチにとっては理解しがたく、受け入れることができない。
スタンリーも、ことあるごとに仰々しいくらい上品ぶるブランチが目障りでしょうがない。
不安定なバランスでの3人の共同生活。
やがて、スタンリーはブランチがひたかくす過去を探り、それを暴き出す。
自分を守るため、必死の思いで身にまとっていた矜持の衣を、
ブランチは一枚一枚脱がされていく。
そして、最後の一枚を剥がされた彼女は、とうとう壊れてしまう・・・。

久しぶりに実力者の演技力のぶつかりあいを堪能できるいい作品でした。
幕間はさみ3時間は私にとっては長尺なのですが、
最後まで作品世界に引き込まれました。

篠井さん演じるブランチが何より切なく、男性が演じているなんて感じられないくらいエレガントでした。
光輝くばかりの美貌と品性を持っていた若い頃の自分を忘れられない女性の滑稽さ。
そして現在、衰えかけた容色に死ぬほど怯えながらそれにしがみつかずにはいられない女性の悲哀。
「誰かのご厚意にすがって生きていくしかないのです。」
この台詞は切なかった・・・・。

北村さんのスタンリーも、生命エネルギーあふれる男で迫力ありました。
ついかっとなってステラを殴ってしまった後、後悔して追いかけ
彼女を抱きしめるシーンがよかったなあ。

小島さんのステラも、優しくて慈愛にあふれて柔らかな女性をうまく演じてたと思います。

舞台となるボロアパートは、線路のすぐそばにあり、電車が通過すると会話もできないくらいうるさい。
電車の音が上手下手のスピーカーを使って、本当に通り過ぎるように聞こえるのは面白かったです。

ただ、設定が40度も超える真夏の日々であり、
そのうだるような暑さの中、空調もきかない狭い部屋での人間関係。
だからこそ、スタンリーのブランチに対するいらだちは、加速していく。
その熱が感じられなかったのが残念でした。
ラスト、どうしてもそこまでスタンリーがブランチを追い詰めるのかがピンとこず、
ただただ、ブランチがかわいそう・・・で終わってしまったので。

ブランチ役を演じるのは女優冥利につきるでしょうねぇ。
ちょっと調べたら今まで演じた女優はそうそうたる面々。
杉村春子、大竹しのぶ、樋口可南子、栗原小巻などなど。

篠井さんは杉村春子さんの舞台を見て感動して、
どうしてもブランチをやりたいと思ったそうで。
ただ、「女役は女優、男役は男優が演じること」という作者の遺言があり、
著作権者の上演許可が最初でなかったそうです。
でも、その著作権者に演技をみてもらい、ようやく上演にこぎつけたとのこと。
その強い思いを、感じられる演技でした。

ちなみに杉村春子さんの相手役は故北村和夫さん。
今回、親子2代でスタンリーを演じることになったというのも面白いなあ。
JUGEMテーマ:日記・一般


| 1/1PAGES |