スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

銀座鳥繁@銀座六丁目

 

金曜日の夜、友人たちと夕食。 コチラ

一時帰国した友人の旦那(フランス人)のリクエストが、「焼き鳥」だったので。
普通の焼き鳥やより、銀座プライスなので、若干高めでしたが、
オオバコでいい感じにガヤガヤしていて、忙しそうなのですが、接客も行き届いていて
焼き鳥の味はいうまでもなく美味で。さすが、創業70周年〜!

手羽先とつくねが特に絶品!!ぼんぼちや合鴨もジューシー。
そして、こちらの名物のシメのドライカレー&鶏スープがまた美味しいのだ。

だけど、フランス人の彼が一番食べたかったのは
チーズがはさんである焼き鳥だったらしい・・・・ (そういうのは、ないお店だったわ・・・)

その後は、東京の夜景が見たいということで、六本木ヒルズの展望台へ。
初めて行きましたが、50階から見下ろす一面まばゆいばかりの東京の夜景
しかも、水族館スペースには、魚が泳いでいる水槽がライトアップされて、
かなりロマンチックなのよ〜
二人の世界にどっぷり浸る、男女比率が限りなく1:1に近い、金曜日の夜・・・・。

パリには高層ビルがそんなにないので、都会の夜景は非常に珍しいらしく、
かなり気に入ってもらえたみたいでした〜。よかった、よかった。

その後、また飲み。そして、終電逃す・・・・

トロワピエロ@中目黒

家からはちょっと行きにくいのですが、わざわざ足を運ぶ価値ありなお店  ☆ 
年中、ジビエ料理が楽しめるんだって。




たけのこ&ほたるいか&えんどうまめ&鮮魚のカルパッチョ
春の香りが満載♪




有機野菜スティックのバーニャカウダソース
ソースがオリーブオイル&アンチョビではなく、生クリーム風味で好み。




自家製ベーコン、ハム、パテ・ド・カンパーニュ等の盛り合わせ
シェフご自慢というだけあって、これがむちゃくちゃうまい!




鹿の血のブータン・ノワール
ブータン・ノワールは好きなんだけれど、鹿の血なんて初めてだわ。
ゼリーよせみたいにプルプルした触感もいいし、全然生臭くないのにびっくり!

そして、写真を撮るのを忘れましたが、メインは馬肉のタルタル。
少し食べたあとは、焼いてくれました〜。
馬刺しは食べたことあるんだけれど、結構脂っぽくてそれほど好きな味ではなかったので、
「馬?・・・しかも、生?」とおそるおそる食べましたが、
このタルタルは、あっさりしていて、驚くほど美味しい!!
春の草だけを食べている馬なので、この時期にしか味わえないそうです。

ここに行く前に、読んだ記事。
http://www.food-stadium.com/column/hotissue/54/index.html

ひととおり食べてみたいな〜。

美味しかったワイン。
「バーダップスペシャルブレンド」(酒井ワイナリー:山形) 

神楽坂 ちょい干してっ平@神楽坂

人ひとり、通るのが精一杯の小さな路地の奥にあるお店 → 

ここは魚のちょい干しや産直の野菜の焼き物が特に美味しいの♪ 
焼酎や梅酒の品揃えが豊富なのも楽しくて、何回か足をはこんでます。




お勧め焼酎三種(芋・麦・黒糖) + わさび菜のおひたし



牛タンのつくね



地あじのちょい干し 



かぶの焼き物



一口スパムむすび


そして、シメご飯は・・・。




卵かけご飯 



私は生卵は食べられないので、沖縄の岩塩の塩むすび & お味噌汁


あいかわらず、おやじっぽいメニューセレクトなのですが、
日本人に生まれてよかった〜!!と思う夜なのでした。

CINEMA & WINE

好きなものは何?と聞かれたら、『映画とお酒』と即答すると思う

そんな二大好物をくみあわせた企画をいつかしてみたいな〜と思っている今日この頃。
(もちろん気のあう人たちと、のんびり、楽しく、きどらずね〜♪)
お店を貸切りにして、映画のDVDを流しつつ、その映画にまつわるワインを楽しんじゃおうという
まさに私が思い描いていた集まりがあったので参加してきました
お店はコチラ 

映画は「サイドウェイ」(Sideways)



人生のちょっとした寄り道(サイドウェイ)がテーマですね。
別れた妻への未練と小説家になる夢を捨てきれない男と
結婚を目前に控えながらも独り身の気楽さを捨てることをためらってる男二人が
カリフォルニアのワイナリーをめぐる旅をする映画なんですが、これ、ワインが飲みたくなるんだよね。
「ピノ・ノワールは、扱いが難しい。でもうまく扱えば最高のものができる。だから好きだ。」
って主人公の台詞が印象に残ってるな〜。


今回は映画の舞台となったカリフォルニアのワインばかり10本+α♪
(自分用の覚書として幹事さんが用意してくださったワインリストを転載


.侫薀鵐轡后Ε灰奪櫂 ソフィア ブラン・ド・ブラン 
(フランシスコッポラ監督プロデュース 
愛娘ソフィアの結婚式のために用意されたエレガントなスパークリングワインです) 

▲淵イ・ヴィンヤード ロシアンリヴァーバレー ソービニョン・ブラン 
(日本人醸造家、中井章恵さんの情熱あふれる珠玉のさわやか白!) 

ナヴァロ ゲヴルツトラミネール 
(華やかな香り、甘みと苦味のバランスがたまりません) 

ぅ轡礇函次Ε皀鵐謄蝓璽 
(1976年、伝説のパリテイスティングで優勝し、世界に衝撃を与えた最高級シャルドネ) 

ゥ悄璽屮鵐 メルロー 
(まさに天国のようなおだやかで優雅な飲み心地) 

Ε織屮薀好リーク コート・ド・タブラスルージュ 
(シャトー・ド・ボーカステルの挑戦、、ローヌ四品種のブレンドで見事なコクと厚みを実現) 

Д札殴轡・ファミリー・ヴィンヤード ホームランチ・ジンファンデル 
(カリフォルニア固有のブドウ品種、ジンファンデルの真髄がここに、、) 

┘劵奪船鵐哀櫂好函.團痢Ε離錙璽襦.魯ぅ薀ぅ福 
(劇中に登場するメインのワインです) 

ダックホーン ゴールデンアイ 
(オバマ大統領の就任記念パーティーで使用されました さすが極上の繊細さ) 

スターレーン 
(星へと続く道。。あのオーパス・ワンに勝った?カベルネ・ソービニョンの大傑作
 人類の無限の可能性を感じさせてくれます) 


私が好きだったのは、まず,離好僉璽リングワイン!


甘すぎず、辛すぎず、口当たりがやわらかで、しかも、
マスカットをはじめとする柑橘系のとってもいい香りがして、華やかなんです。
フランシス・コッポラ監督はワイナリーも持ってるんですね。
彼が愛する娘、ソフィア・コッポラの結婚式のために作ったワインなんですが、
美味しくて、女性は好きだと思うな〜。
(・・・ただ、ソフィアはその後、離婚しているので、結婚式のお祝いには向いてないかも

そして、┐離團痢Ε離錙璽襪寮屐

これが映画の中ででてくるワインです。香りもいいし、味わいも深くて好み。
主人公が恋する女性が働いているのは、この「ヒッチングポスト」のレストランでした。

のカヴェルネ・ソーヴィニヨンの赤も美味しかった〜!


,3000円台だけれど、┐鉢は6000円台なので、気軽に家飲みには無理かな(泣)

今回のワインはどれも美味しくて、映画の話も色々できてとっても楽しかったです!
「次回は『ゴッドファーザー』とシチリアワインの会でもやろうかな〜。」と幹事さん。
それもすっごくそそられる・・・
シチリアワインなら、「グラン・ブルー」でもいいな〜。

BARU 恵比寿@恵比寿

なかなか足を運ばない恵比寿へ〜。ひさしぶりにブロガー友達のdaizuさんと
今回のお店はコチラ  

スペインバル風ですがタパスの形をとりつつも、全てがスペイン料理ということではなく
宮城県産の黒美豚と国産の野菜を食べさせるお店。

豚肉が脂が甘くて美味しい〜!

 
(豚肉のジャーキー)   (アスパラのグリエールチーズ焼き)


(白魚のアヒージョ)    (黒美豚のハムの盛り合わせ)

もうあれもこれも食べたくて、気づけば平均予算軽くオーバーじゃん
野菜のココット焼きなんかも食べたかったな〜。

最近、daizuさんがアートメイクをしたというので、色々教えてもらい〜。
「今日はファンデーションだけ」とおっしゃっていましたが、眉とアイラインが見事に綺麗
自然なラインなのね〜!
寝坊した朝に眉とアイラインをかかなくていいのは、すっごい魅力なんですけど(笑)
しかもアイライン描くの苦手だし・・・
眉と上のアイラインは手彫り、下のアイラインは機械彫りがいいそうです。
ん〜。ためになる・・・・。
常に美しさに磨きをかける姿勢、見習わなきゃな〜。イイ女は1日にしてならず。

そして、お手製のブリザードフラワーと、最近私が「食べたいな〜」とブログに書いた
ヴィタメールの純生ショコラをお土産にいただきました!
こういう心遣いがありがたく・・・・。本当にありがとうございました〜!
期待どおり美味しい!一粒ずつ味わっていただきま〜す

maru@八丁堀

捜し求めていた理想のお店です!
今のところ洋風居酒屋で、東京で私的ナンバー1でございます

maru  

ここは酒屋さんが経営していることもあって、とにかくワインが安い!
ワインに詳しい人は、その安さにとてもびっくりしていました。
普通、レストランでは市価の3倍の値段がついてるそうで、良心的な店でもせいぜい2倍なんだって。
しかし、このお店は酒屋で売っている値段+500円で飲めるそう。そりゃ、混むわね。

1Fは酒屋兼スタンディングバーで、座れる2Fに行ったのだけれど、もう満員!
壁一面ワインが陳列されている光景は圧巻ですよ!
ざわざわしている喧騒がスペインのバルそのもので、もうわくわくしちゃった
でも、客層はけっこうアダルトでいいかんじです。
席も相席でぎゅうぎゅうだし、BGMは大音響のラテン音楽でガヤガヤうるさいので
じっくり話をしたい人はくつろげないお店だと思うけど
ここ、私はとっても好き 土日祝は休みなんですが・・・・(苦笑)
ちなみに3Fはビストロになっていて少しゆったりしているそうです〜。

食べ物もおいしくて、生ハム(ベジョータ)も、結構なボリュームで2000円でした。
銀座だったら半分のちょっぴりな量で1500円が相場だから、お値打ち。
合鴨の串焼きや、クレソンのサラダやら、どれもとっても美味しかったです!

そして、飲んだワインはコチラ



今まで飲んだスペインワインで一番好きかも!いいワインに出会えました!
お酒って、誰と、どんなタイミングで飲むかで、その美味しさが変わるね。
一緒にいて本当に楽しい人と、行きたいお店ですね。

麻布十番 パテ屋@麻布十番

麻布十番駅近くの美味しくて使い勝手のよいお店  

テイクアウトもできるパテやテリーヌがたくさんあるのです〜!
1Fのカウンター席でちょっとつまんで軽くワインを飲むってのもいいし、
おなかすいている時には、地下1階のテーブル席でパスタやご飯ものを食べることもできます〜!

映画を見る前に、軽く飲もう〜というつもりが

☆パテ3種
  アーティチョークとブルーチーズのパテ
  ズワイガニと鱈のパテ
  牛タンのパテ
☆砂肝のガーリック焼
☆牛ホルモンのトマトソース煮
☆パルミジャーノチーズ はちみつ添え
☆温野菜のサラダ
☆トマトとモッツアレラのパスタ

と、めいっぱいただきました〜 
手作りパテがあまりにもおいしかったので、さらに1品テイクアウトもしちゃったくらい・・・。

美味しいですよ〜!グラスワインも、この立地なのに、500円からあるというのも嬉しい

ベルジアン ビア カフェ アントワープ セントラル@丸の内

遅ればせながら、ベルギービール初体験!お店はコチラ → 
あんまりビールは飲めない私でも、かなり美味しくいただけましたよ〜。

特に好きだったのはベルビュー・クリークの生。自然発酵のフルーツビール。
さくらんぼの味がします ルビーのような色で見た目も綺麗!
このビールのファンになったので、家飲みように瓶ビールを手に入れたかったのですが、
醸造会社の都合により、日本には輸入できなくなったみたいですね〜。
生のみお店で飲めるそうな・・・・。



おつまみは、ムール貝の白ワイン蒸し、フライドポテト、牛ホホ肉のビール煮込みをオーダー。
どれもすっごく美味しい!すこし塩味が強いので、ビールのすすむこと



カウンターで二人でさくっと飲むのもいいし、テーブルでグループでワイワイ飲むのも楽しいお店です。
ベルギービールにはまっちゃいそうな予感・・・

スペインワイン vs 国産ワイン

本日、自分のアルコール分解能力の遅さに嫌気がさしています(←つまりが、二日酔い

昨日はスペインワインと国産ワインを飲みくらべる会に参加してきまして、まあ。調子にのったわけです。
味わって飲むはずが、しまいにはいつものペースで飲んでしまい・・・反省。

これまでは、食事に行った時も、お勧めのワインを飲むぐらいで知識はほとんどなく。
しかし、最近家飲みが多くなったので、ならば少し勉強し、CP高いを見つけられるようにしたいなと。
スペインワインも国産ワインも、割とリーズナブルですしね!

というわけで、昨日飲んだワインはどれも美味でしたので、メモっときます

■白ワイン■
栗沢ブラン07(ココファーム&ワイナリー/日本)
サンチャゴルイス06(ボデガス・ラン/スペイン)

■赤ワイン■
ドメーヌ・ソガ ピノ・ノワール2006(小布施ワイナリー/日本)
コラル・デ・カンパナス2006(キンタ・デ・ラ・キエトゥー/スペイン)
キザンワイン赤(機山洋酒/日本)
プライベートリザーブ・メルロ 2006(城戸ワイナリー/日本)


最近は温暖化の影響で、北海道でもいい葡萄が収穫されるようになり、栽培できる土地も広大なので、
将来的には北海道のワイナリーが日本一になるのでは・・・という話が興味深かったです。

炭火串 トリロメオ@石川町

この週末は久しぶりに横浜に遊びにいってきました〜!何年ぶりだろう

横浜駅からシーバスにのって海から山下公園へ。

その後、中華街までてくてく歩いて四川料理ランチを。
とっても辛い麻婆豆腐・・・・。あまりの辛さにじわっと汗がにじむほど。
お酒を飲んでもいないのにあんなに顔が赤くなったのは初めて(笑)

そして、元町散策。
可愛い雑貨屋さんや洋服やさんがたくさんあって歩いているだけでとっても楽しい。
歩きつかれたら、カフェというより雰囲気のある昔からの喫茶店で一休みもできるし。

港町という共通性があるせいか、神戸とやっぱり雰囲気が似てますね。

その後は、「赤いくつ」という観光バス(100円で乗れます!)で、赤レンガ倉庫へ。
ここも、ポップな輸入雑貨な店や、インテリアショップなど素敵な店がいっぱい〜!
何を買うかとっても迷ったあげく・・・・何も買えなかった(苦笑)
ウィンドウショッピングは楽しいですね。
港に面しているので、ここからの夜景はとっても綺麗です〜

もう町はクリスマスのイルミネーションで、ワクワクします!
お約束の「クリスマス・イブ」by 山下達郎 も流れてましたよ。

夕食は石川町の炭火串 トリロメオ → 

カウンター8席のみのこじんまりとしたお店で、炭火でやいた焼き鳥がとっても美味しい!
砂肝、ぼんじり、ネック、レバーは美味すぎ。ワインもリーズナブルに揃っています。
シメは串で焼いたおにぎり。じゃこがはいっていて、表面パリパリ!練り梅をつけて食べるの
絶品でした!

海が近くて、買い物も楽しくて、待ち歩きが楽しくて、美味しいお店もいっぱいでいいですね〜!
できれば一度は住んでみたいな。

| 1/3PAGES | >>