スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『ゆれる』


好き度:★★★★★

東京でカメラマンとして成功し、自由奔放に生きている弟、猛(オダギリ・ジョー)と
田舎の実家のガソリンスタンドを継ぎ、父親と二人暮らしの実直な兄、稔(香川照之)。
幼なじみが吊橋から転落した事件をきっかけに、対照的な二人の関係が揺らぎはじめる・・・。

気持ちがどんよりしそうで今まで敬遠していましたが、もっと早く見ておけばよかったな。
これは、周りが絶賛するはずだわ。

チョイ悪で、甘え上手で、女が放っておかない魅力的な弟。
真面目で、人には親切で、だが、凡庸な兄。
それぞれのキャラクターを、リアルに演じきったオダギリ・ジョーと香川照之の演技力と
兄弟同士の心理的葛藤を、丁寧にかつスリリングにみせ、観客を最後までひきずりこむ西川監督の演出力。
素晴らしい才能の結集!好き!

猛は、優しい兄が地元に残ってくれていることで、自分が好き勝手に生きていられることに感謝している。
しかし、同時に彼に対して優越感も持っている。
母親の一周忌で、父親と自分との喧嘩をとめに間にはいり、こぼれた料理を片付ける。
倒れたとっくりからお酒がポタポタおちて、ズボンの裾をぬらしているのにも気づかずに
はいつくばっているかっこ悪い兄。
この場面で、猛が実は稔を格下の男だと思っているのがわかる。
だからこそ、稔が想いをよせている智恵子(真木よう子)を気まぐれに抱けたりするのだ。

稔は、東京で成功している猛を誇らしく思う一方で、全てに弟に負けている自分を情けなく思っている。
「親孝行な息子」「弟思いの優しい兄」「いい人」・・・そうあることだけが自分の存在価値。
自分を抑えて、弟に対する劣等感や嫉妬を澱のように静かに溜め込んでいたのだと思う。

そんな稔の抑えていた思いが、智恵子のことがきっかけとなり、徐々にあふれだす。
猛に智恵子とのことをカマをかけながら、ひとつずつ丁寧に洗濯物をたたむ卑屈な背中。
猛のところに行こうとする智恵子の背中に、必死にしがみつこうとする姿。
その惨めで哀しい姿を、気持ち悪いと思えてしまうほど、香川照之の芝居は巧かった。
だからこそ、吊橋の上で、智恵子があれほど激しく稔を拒絶したのが納得できる。

事故なのか?殺人なのか?
智恵子の死の真相をめぐって、裁判が開かれ、その過程もサスペンスフルで引き込まれるが、
それより、この兄弟が対峙し、葛藤し、徹底的に傷つけあう姿に心奪われた。

仲のよい兄弟だったはずなのに、人との関係は、こうも簡単に揺らぎ、移ろい、あやうくなるものなのか。

男兄弟同士の心理描写が秀逸で、これを30歳そこそこの女性監督が撮ったことに驚き。
私は妹がいるのだけれど、やはり、優越感や劣等感をそれぞれお互いが持っていると思う。
でも、女同士って幸せをはかる基準が色々で、一概に優劣がつけられない一方で
男同士は、その基準が狭いのかな。だからこそ、負けたほうは逃げ場がなくなるのかもしれない・・・。

奪い、奪われ、
傷つき、傷つけられ、
一度失ってしまった絆を、人は取り戻すことができるのだろうか。

猛の「兄ちゃん!」の叫びに、応える稔の静かな微笑。
その後の一切を観客に託すラストシーンの切り方に唸る。鮮烈。

『容疑者Xの献身』


 好き度:★★★☆☆

原作は既読、しかもひさしぶりに唸った推理小説だったので、
映画は見るつもりはなかったのですが、なかなか評判が高いのでいってみました。

柴崎コウがキンキンとした声で吠えるとか、
謎を解くタイミングでガリレオ先生が意味もなく数式をかきなぐるとか、
私がドラマ「ガリレオ」で嫌いな部分が排除されていて、
ドラマというよりは原作寄りの作品でよかったと思います。

石神役は、最初、イケメンである堤真一はミスキャストじゃ?と思っていましたが、
(私の中では、田口浩正がイメージだった
天才的な数学の才能を持ちながら、研究をきわめる道を絶たれ、
うだつのあがらない孤独な中年男の悲哀そして純情を見事に演じきってました。
上手いな〜、やっぱり。完全にこの映画の主役でありましたね。

そして、石神が全てを賭けて守りたいと思う美しき隣人に松雪泰子。
ちょっと綺麗で性格よすぎではないかと思いました。
原作では、石神の協力に感謝しながらも、リッチで頼れる魅力的な男性に惹かれていき、
自分のことをじっと監視するような石神をうとましく思い始めるという女性独特の打算や身勝手さが
描かれていましたが、その要素はカットされていたのが残念。(ダンカンじゃな〜・・・・。)

ラストシーンの石神の咆哮は、結末を知っていても心打たれました。
彼の灰色でぬりつぶされた人生において灯った初めての希望の光。
その光を守りたくて築き上げた、完璧なはずだった論理の崩壊。
絶望にうちひしがれる石神はまるで純粋な子供のようでした。
方程式にはあてはまらない絶対的な解がないのが、人の心だもんな〜。

「献身」・・・その言葉の重さ、純粋さを改めて噛み締めるラスト。
ドラマの映画化としては大成功な作品だった思います。

『善き人のためのソナタ』

好き度:★★★☆☆

2007年アカデミー外国映画賞受賞。

「この曲を本気で聴いた者は、悪人にはなれない。」

ベルリンの壁崩壊直前の旧東ドイツは、シュタージという組織を中心に
密告や盗聴により、徹底的に反政府思想を取り締まる監視国家だった。
ある芸術家のカップルを盗聴し、反体制である証拠を手に入れるよう命じられた
シュタージの敏腕局員、ヴィースラー大尉は、冷徹に職務をまっとうしようとするが、
盗聴器を通して日夜聞こえてくる彼らの自由な思想、愛の言葉、美しい音楽に触れることにより、
自分にとって思いもよらない感情の変化が生まれてくる・・・・。

自分の考えや思いを、そのまま表現できない。
誰かに密告されるかもしれない。どこかで盗聴されているかもしれない。
そんな見えない悪意に常に怯えながら生活する毎日。
ちょっと想像しただけで、暗澹たる気持ちになる。

そんな非人間的なシステムを維持するために働いていたヴィースラー大尉。

彼の気持ちをゆさぶったものはなんだろう?

最初は女優に対する淡い想いからだと思う。
彼女に、思わず接触し、直接アドバイスを与えてしまう。
それにより、彼女と恋人の絆がより強くなるのだが、
監視報告をよんで、その後の二人の展開を知り、
あたかも自分が作り上げた作品かのように、嬉しげにしていた彼が微笑ましかった。

文学や演劇や音楽を楽しみ、友人と議論したり、恋人と愛を交わす。
盗聴を通じて彼が初めて知る世界は、胸躍るもので。
国家のために忠誠を尽くすだけの灰色の毎日。
愛する家族も恋人もいない孤独だった男が色つきの世界を垣間みてしまったのだ。

あれだけ、忠誠を誓った組織を裏切り、二人を守ろうとしたのは
美しい自己犠牲などではなく。
ただ。
聞き続けていたかった。触れつづけたかった。
それは、彼がおそらく人生で初めて知った喜びなのだからだと思う。

この映画を見てびっくりしたのは
資料館に行ったら自分が盗聴されていた時の資料が見られるということ。
旧東ドイツの恥部であるというのに、この公開性にびっくり。
他人がつけていた自分の日記を読むみたいなもんでしょ・・・。

ヴィースラーが記していた監視報告書に、ある特徴があったのですが、
私、気づきませんでした〜・・・。後で知った。不覚。
それだからこそ、芸術家は自分を救ってくれたヴィースラーの存在に気づいたんですね。

「ヒトラーの贋札」の原作者であり、実際に偽札作りを強制されていた90歳のおじいちゃんが、
若者の間においてネオナチが台頭していることを憂いて、
過去の過ちを繰り返しちゃいけないってことで、方々で精力的に講演しているらしい。
こういった実際体験した人が語る一方で、今回この作品を作ったのは34歳の若い監督。
当時の記憶はあまりない若い世代が、過去の過ちを正面から見据えて、
かつ、これほど見応えある人間ドラマを作るのが素晴らしい!

ちゃんと、過去の苦しみや教訓が世代を経て引き継がれている。
日本は、それに比べ戦前と戦後の世代が分断されている気がするもんな〜。
ちょっと考えさせられた映画でした。

| 1/1PAGES |