スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『ミルク』


好き度:★★★★☆
「MILK」
1970年代米国史上初めて、同性愛者であることを公言して当選した政治家であり、
同性愛者の人権のために尽力したハーヴィー・ミルク(ショーン・ペン)の人生最後の8年間を描く。

「私の名前はハーヴィー・ミルク。皆さんを民主主義を守る戦いに勧誘したい。」

これもいい映画でした。
同性愛者の人権などほとんど無視されていた時代に、
最初に声をあげ、周りをどんどん巻き込み、大きなムーブメントにしていった。
彼が灯した希望の光は、消えることなく今でも人々の心を照らし続けている。

ショーン・ペンがオスカーをとったのは納得だな〜。
プライベートでは、可愛い年下の恋人に振り回されちゃうオネエMANで
かつ仕事においては、柔らかな物腰&強い情熱で人々を魅了する有能な政治家であった
ミルク氏をとても自然に魅力的に演じている。
「イントゥ・ザ・ワイルド」でなんという才能溢れる監督だと思ったけれども、
俳優としてもやっぱり素晴らしいのね・・・・。

1970年代のアメリカは、同性愛者というだけでリンチで殺されたり、
精神的な病気だからといって強制入院させられたり、
今よりもはるかに、過酷な時代であったらしい。

ミルクの過去の恋人たちもほとんどが世の中に絶望し自殺や自殺未遂を起こしている。  
自分の大切な人たちが、社会でちゃんと居場所を持ち、誇りをもって生きていくために
世界を変えたい。
その一心で公職についた彼は、持ち前の人柄のよさとユーモアで人々を惹きつける。
と同時に、政治家としても、したたかな手腕を発揮するのだ。
住民のデモ行進を陰であおりつつ、最後に登場してデモ隊をなだめ調整するという
自分の姿をマスコミの前でみせつけたり、
自分と向かい合おうとしない敵対する政治家を、公開討論の場にひっぱりだしたり、
目的達成のために、最大の効果を得られる戦略を練り、粘り強く交渉し、
熱い演説で人々の心を動かす。

華々しく活躍するミルクを常々苦々しく思っていたダン・ホワイト議員(ジョシュ・ブローリン)は、
「君はいいよな。主張できるテーマがあって。」とからむのだけれど、それに対してミルクは
「テーマ?そんな軽々しいもんじゃない。僕は人生を賭けている。」と毅然といいかえす。
いつ暗殺されるかもわからないから、死後に公開されるように自分のメッセージを録音しておくほど、
彼は常に身の危険を感じる状況にいたんだよね。

公のために、命を賭ける覚悟がある者だけが、政治家に値するって私は思うのだけれど
ハーヴィー・ミルクはまさに政治家そのもので、彼の心意気には胸がいっぱいになる。
ダン・ホワイトのような人間には、だれもついてこない。
それはミルクのせいではなく、完全に自分自身の情熱や信念の問題だと思うのだけれど、
彼への嫉妬に転化してしまうのだ。アマデウスの才能に嫉妬したサリエリのように。

「クローゼットの中から勇気を持ってでてきてほしい」

同性愛者たちにカムアウトを促すミルクの演説には心揺さぶられずにはいられない。
差別や偏見に満ちた世の中で、それはとても勇気のいることだけれど、
より多くの人たちがカムアウトすることで、周りの人々は彼らが特殊な一握りの人間なのではなく、
自分自身の大切な家族や隣人や友人であることに初めて気づく。
自分を変えていかなければ、世の中の流れは変えられないのだと。

まさにそのとおりだよね。
ミルクの遺志は周りにしっかり受け継がれ、今日のアメリカの礎となっている。
今まで知らなかったこういう人の生き様を知ることをができるのも、映画の楽しみ。

ところで、この映画、若手俳優がみんな可愛い〜!監督、見る目が高いわ〜!
ディエゴ・ルナやエミール・ハーシュもよかったけれど、なんといってもジェームズ・フランコ!!



静かな情熱と知性と繊細さをもってスコット役を熱演してました。素敵だった〜。
次回作はアレン・ギンズバーグの伝記映画で主演だそう。

『マルタのやさしい刺繍』


好き度:★★★★☆

「DIE HERBSTZEITLOSEN」
最愛の夫に先立たれて、「自分も早く夫のもとにいきたい・・・」と
哀しみにくれるだけの毎日を過ごしている80歳のマルタ(シュテファニー・グラーザー)。
そんなある日、裁縫が得意で頼まれた旗修繕の仕事をきっかけに、マルタは若い頃の夢を思い出す。
それは手作りで美しい自分のデザインした「ランジェリー・ショップ」を開くこと・・・!

夢を持つっていいね。人に信じられないくらいのエネルギーを与えてくれる。
思いの強さに年齢制限はないのだ!

主人公のマルタがとってもとってもキュートなおばあちゃんなのです

友人と久しぶりにでかけた都会の生地屋さんで、彼女が目覚めるところが素敵でした。
お店にある生地やレースは本当に美しいものばかり。そりゃ、乙女心に火がつくってものです!
ついでにはいったランジェリーショップでは、
「縫製が雑で手抜きだわ〜!」「つくりが安っぽい。」「だから機械はだめなの〜!」
なんて夢中でダメだしをし始めるところなんて、もう目がキラキラして本当に可愛い!

そして、若い頃の夢をもう一度追いかけることを決めちゃうのですよ。

彼女が住んでいるのはスイスのエメンタール地方の田舎の小さな村なので、人々は保守的で閉鎖的。
「美しいランジェリー = いやらしい下着」 この発想しかないのです。
そんないかがわしいものを売る店をだすなんて。しかも、80歳だよ?
彼女の夢は「頭がおかしくなった老人のたわごと」として、周りからあざ笑われる。

マルタの友人も全員が最初から彼女を応援してるわけではなく。
「いまさら夢なんて・・・。」 「村の笑い者になりたいの?」なんて距離を置いちゃう。

でもでも、おばあちゃんは強し! 
何を言われても、マルタは自分の夢にむけて邁進し始める。
もう、一度火がついてしまったらとめられないよね。
自分のエネルギーを注げるものが見つかったら、それをあきらめることなんてできない。
刺繍がはいった彼女の手作りのランジェリーは本当に可愛くて、買えるものなら私も買いたいぐらい

かたや、マルタの息子をはじめとする村の中年男性陣がもっとも保守的で融通がきかない。
彼女に夢をあきらめさせようと、あの手この手で妨害するのですが、
まあ。その嫌がらせが、中学生レベルなので呆れる(苦笑)。

そんな妨害にもめげずに、頑張るマルタの姿を見て、友人達をはじめ周りの目が次第に変わってくる。
自分自身をふりかえり、年だから、人の目が気になるからと、あきらめていたことを思い出し、
自らも、人生をより楽しく、より生き生きしたものに、変えようと動き出すんだよね。

このおばあちゃんたちを見ていると、思わずあの台詞をいいたくなる。

「YES!! WE CAN!!」

私も、年をとっても好奇心旺盛でフットワーク軽いおばあちゃんになりたいものです。
本当に気持ちよく、前向きになれる映画でした。

ちなみに原題の「DIE HERBSTZEITLOSEN」は コルチカムという花の名前。
土や水がなくてもこんなに色鮮やかに咲くたくましい花だそうです。
まさにマルタをはじめとするおばあちゃんたちみたいですね。
花言葉も「悔いなき青春」なんて洒落ている・・・BRAVO!

『マッチポイント』


好き度:★★★☆☆
アイルランド人のクリスはもとプロテニスプレーヤー。
今はイギリスの高級テニスクラブのコーチとして働いている毎日。
ある時金持ちの息子トムと知り合い、妹を紹介され、めでたくゴールイン。
彼は念願だったイギリスの上流社会の仲間入りを果たし、順風満帆の日々であったが、
トムの美しき婚約者ノラと出会い、その魅力の虜となった彼の運命はすこしずつ狂っていく。

男って、ああ、男って、男って・・・・(爆)

「奇跡のシンフォニー」でその吸い込まれるような哀愁漂う瞳が印象的だった
ジョナサンを見たくてレンタル。

逆玉の輿にのり、地位も富も名誉も手に入れた男が、
非常に官能的な女性に出会い、不倫生活にどっぷりはまる。
そして、愛人の妊娠。追い詰められた男は・・・・。
と、昼メロのようなストーリーなのですが、なんと、結構面白い!!


以前はとてもよく見ていたウッディ・アレン監督作品。
しかし、だんだん見なくなり調べてみたら「私の中のもうひとりの私」以来、みてない(汗)

この監督って好きな女性を出演させて、作品中で「美しい」と褒め称えまくるじゃないですか。
ミア・ファローとか、あんまり綺麗だと思えなかったんで、辟易気味だった記憶があります。

しかし、彼は創作意欲をかきたてられる新しいミューズを見つけたのですね。
男を狂わす女ノラを演じたスカーレット・ヨハンソン。
作品中の彼女の美しいこと、そしてエロいこと・・・(笑)
たとえばこれ↓


いまどき、雨にぬれて肌にぴったりはりつく白いシャツって・・・・。
そ、そんなベタな・・・とは思いますが
男性はひとたまりもない。うん、無理もない。

ウッディ・アレン監督、齢70にして、ますますパワフルなのですね。
ちょっと嬉しくなりました。

較べて、クリスの妻、クロエがなんと平凡で退屈な女に描かれていること・・・。
上品で従順で可愛い女性だと思うのですが、
ノラと較べると圧倒的に魅力に欠けるようにみえてしまう。

裕福で何不自由のない生活。
しかし、それを失うリスクがありながらもノラとの逢瀬はやめられない。

妻には愛があるが、愛人に対しては愛欲。
それは別物といってしまう。
愛人との生活を選べば?という友人のアドバイスには
・・・そんな簡単じゃない。金持ちは癖になるんだ。

なんとまあ。正直な男なのでしょう。
であれば、もう少しうまく立ち回ってもよいのにね・・・・。

結局、想像する方向に話はながれていくんだけれど、
追い詰められた彼が最終的にとった選択には驚きました。

人生のマッチポイント。

「ネットにボールがひっかかる。
ボールが向こうのコートに落ちれば、勝ち。
こちらのコートに落ちれば、負け。」

この言葉を暗示する指輪を投げるシーンは、目が覚めるようでした。

果たして、運は彼に味方したのか、否か。
行く先を観客の想像に任せて余韻を残すラスト。

ウッディ・アレン監督の「タロットカード殺人事件」も見てみたくなりました。

『ミッドナイト・イーグル』@東京国際映画祭


「ステルス型戦略爆撃機、通称《ミッドナイトイーグル》が北アルプスで忽然と姿を消した!
その機体には、日本全土を巻き込む程の威力を秘めた《特殊爆弾》が搭載されていた…。
邦画史上最大スケールの山岳サスペンス・アクション!!」


東京国際映画祭が始まりました。期間中、8本程見る予定です。
オープニング作品は「ミッドナイト・イーグル」。
上映終了後には、大沢たかお、玉木宏、竹内結子、藤竜也、成島監督の舞台挨拶あり。

大沢たかお大ファンのdaizuさんにつきあってもらいました♪

以下、思いっきりネタバレ。

『舞妓Haaaan!!!』


好き度:★★★☆☆

舞妓さんと野球拳・・・・。
裸にエプロンと同じカテゴリーな男性の夢(←間違ってる?)
女子には理解できませんが。
その夢に、ありったけのエネルギーを注ぐあるサラリーマンの物語。

いや〜。笑ったわーい
くだらなさすぎて。

阿部サダヲのマックステンションについていけるかいけないかです。
私は大好きだけど。

| 1/1PAGES |